1m上がり等の仕上げの基準となる墨出しを行う時は、
型枠大工さんだったり、測量屋さんだったり
他の誰かに頼むことが多い。

 

しかし

墨を出し終えた後に確認に行ってみると、

「出しやすい所へ墨を出したのか?」

「使いやすい所へ墨を出したのか?」

という意識の違いがよく分かる。

 

具体的には

私が、「こいつ楽したな」と1番感じる仕事っぷりは、
躯体の墨出しの時点で出ている1m返りの墨を、
そのまま縦に仕上げ墨としてあげているパターン。

地墨にレーザーを合わせて墨を打てば良いので
時間は掛からないし、楽であるから。

 

別に

1m返りで問題ない場合も多々あるのだが、
サッシやタイルが近くにある場合は、

「次からは、ここにも出してくれ」

とお願いするようになることもしばしば。

 

なぜなら

実際にサッシなどのチェックをする場合に、
もう一度出し直さないといけない場合が多いから。

墨出しを専門にやっている人は、

「何をチェックするために自分は墨を出しているのか?」

を意識している人が多いので、

 

サッシやタイルなどがチェックしやすい場所。
スケールで簡単に手が届く範囲以内に墨を出してくれる。

 

しかし

「次に仕事をする誰か」をイメージしていない人は、
どうしても「自分が楽」な所へ墨を出したがるのである。

 

それは

人間の心理としては当然なので、あなたが特別に指示をしないと、
後であなたが苦労する結果が待ち受けているのである。

 

だから

何事にも共通して言えるのは、「次を読む」と言うことの大切さ。
そして、「今日より明日の方が忙しい」から、嫌なことを先延ばしに
しないことであると私は感じるよ。

 

もしも

あなたが、今現在仕上げの墨をチェックするという
立場になかったとしても、現場を見渡して仕上げ墨をみると、
あなたの現場で働く職員や作業員さんの「意識レベル」を
垣間見ることが出来るよ。

 

つまり

仕上げの墨出しを任せたた場合に妥協してはいけないポイントとは、
出しやすいポイントに墨を出すのではなくて、
実際にチェックがしやすい場所に仕上げの墨を出すことが重要。

 

その為には

仕上げの墨出しをイメージして、躯体の墨出しの時に「地墨」を
出しておけば、かなり段取りの良い現場になることは間違いないよ。

↓  ↓  ↓

 鉄筋コンクリート造の建物でコンクリートを打ち終わって躯体工事の材料の搬出が終わったらいよいよ仕上げ工事が始まる。 さて仕上げ工事に入る前に、事前にチェックをしなくちゃいけないから、墨でも出そうかな。この小部屋はトイレだからタイル割りもあるし。 とその時「あれっ、無い!」ということがしばしばある。では、何が無かったのか? それは「地墨」が無かったのだ。 もしも小部屋にX方向とY方向1本ずつ地墨があれば、あっという間にチェックなんて終わってしまうのだが、小部屋に墨が出ていなけ...
仕上げの墨出しで小部屋が多い時にありがちな失敗とは? - 負けるな新人!目指せ所長!0から始める建築現場監督への道

 

あっ

あなたがレーザー墨出し器に興味があるなら
こちらの記事も確認してみてはいかがでしょうか。

↓  ↓  ↓

  現場で仕上げの墨出しや製品の取付を行なうのに不可欠なのは何と言ってもレーザー墨出し器ですよね。仕上げの墨出しをあなた自身で行わなくても、いざという時の確認用にほとんどの現場に常備してあると私は感じています。しかし、レーザー墨出し器は結構高額で高いものだと30万円近いものも、所長にそうだんするのも勇気がいるよね…。今回は、そんな読者さんからの質問です。 Tさんからの質問はじめまして。現場でレーザー墨出し器を購入しようとしているのですが、オススメの機種って有りますか?グリーンレーザ...
レーザー墨出し器はグリーンレーザー良いと聞くけど高額では?という悩み - 負けるな新人!目指せ所長!0から始める建築現場監督への道

投稿者: TM

現在は、とある会社で建設会社の施工管理 つまり、現場監督をやってます。 今年で15年なんとか続いてます。 実は 私は筆不精。自他ともに認める「文章をかくのが下手くそ」 な人間ですが、若いこれからの新人現場監督さんへ向けて 自分の持っているノウハウを伝えていきますので どうぞ、よろしくお願いします。 他の投稿を表示

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Exit mobile version