一般の人が通行するにあたって危険な箇所は無いか?

私たち現場監督が常日頃から
最も気をつけなければいけない問題。

 

なぜなら

現場で働く作業員さんの心のなかには

もしも、現場の中で事故があって誰かが
怪我をしてしまっていたとしても、
建築現場は事故がいつ起きても仕方ないくらいに
危険な場所であるという認識があるはず。

「現場は危険である」という認識を持ってもらうために
私たち現場監督はあの手この手を尽くしている。

 

だから

本音で言うと。現場で事故が起きても
お互いにある意味「しょうがない」と感じている。

 

しかし

一般の人は違う。

現場の隣を「たまたま」歩いていて
上から物が落ちてきたのが「たまたま」当たって
最終的に「たまたま」命を落としてしまう。

全く理不尽な話。

私が「たまたま」事故にあった一般人なら確実に訴える。

 

つまり

建築現場の横を歩いている人たちの99%は
「まさか。事故に巻き込まれるなんて」
と感じて通りすぎている。

 

むしろ

「事故に遭うかも」という感情すら無いのが当たり前。

 

だから

私たちは、「一般の人に怪我をさせるかもしれない」
ということに再優先で取り組まないといけない。

 

しかし

なかなか、仮囲いの外まで気が回らない。
「このくらいだったら大丈夫だろう」
と自分に甘い考えを持ってしまいがち。
私も気をつけているけど、ちょくちょく甘くなる。

 

でも

何も対策せずにいると

例えば、夜に一般の人が現場のゲートの前にできた
段差でつまづいて転んだ。という苦情が入ってきたりする。
実際に、私の会社の現場での実話。

最初は、反社会性力の人の嫌がらせかと思い
身構えたらしいが、よくよく話を聞いてみると
本当に一般の人が、つまづいて転んでしまったらしい。

 

だから

会社も現場も大慌て。
一般の人を事故に巻き込む「第3者災害」は
普通の現場内で起きる「労災」に比べて遥かにデリケートな問題。

 

だって

一般の通行人に人は、
「事故に遭うかも」という感情すら無いのが当たり前だから。

 

だから

最低限、週に1回位はグルっと仮囲い沿いを歩いてみて

  • 段差はないか?
  • 歩きにくいところはないか?
  • ゴミは落ちていないか?
  • 仮囲いが倒れたりする恐れはないか?

をチェックすることが非常に重要だよ。

 

普段は、なかなか気がまわらないかもしれないけど
私がいつも行っている方法としては、
週に1回おこなう「一斉清掃」の時に
グルっと点検しに行くと継続しやすい。

 

つまり

一般の人が通行するにあたって危険な箇所は無いか?
を考えるということは

「事故に遭うかも」という感情すら無いのが当たり前である
一般の通行人に対して事故を起こさせないということ。

 

そのためには

最低でも週に1回位は、仮囲いの周りを実際に歩いてみて
危険な箇所がないかを点検することが非常に重要。

 

ちなみに

次回は、

3,周りの人の協力があって工事が進められていることの再認識

についてお伝えする。

投稿者: TM

現在は、とある会社で建設会社の施工管理 つまり、現場監督をやってます。 今年で15年なんとか続いてます。 実は 私は筆不精。自他ともに認める「文章をかくのが下手くそ」 な人間ですが、若いこれからの新人現場監督さんへ向けて 自分の持っているノウハウを伝えていきますので どうぞ、よろしくお願いします。 他の投稿を表示

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Exit mobile version