流動化コンクリートは不具合なしの万能薬か?管理の厳しい材料か?

  コンクリートの品質に関する不具合で1番多いのが「ジャンカ」などの 「充填不良」ではないでしょうか?   とりあえずコンクリートを流し込んでサッとバイブレーターを掛けると 後は自動的にコンクリート自 […]

マスコンクリートって関係ないと思っていませんか?実は身近に…。

  マスコンクリートという響きを町中にある建物ではあまり聞きません。 どちらかと言うと、工場の大きな機械基礎などの「特殊」な部分に使用する というイメージが私にはありますが、あなたはいかかでしょうか? &nbs […]

暑中コンクリートで生じやすい5つの問題と管理ポイントとは?

  「体温よりも高い気温38℃という状況の中で、 コンクリート温度を35℃以下って現実的ですか!?」 というあなたの声が聞こえてくるくらいに最近の夏の気温は異常です。 これから先も温暖化の影響を受けながら夏の気 […]

寒中コンクリートで建築工事監理指針が示す2つの技術的課題とは?

  寒い冬にコンクリートを打設すると言うのは私は余り好きではありません。 コンクリート押さえがあると、なおさら押さえ作業が完了するのが 夜中になったりするので嫌なイメージしか有りませんね。   でも […]

軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは?

  軽量コンクリートって私自身一度も使ったことが無いです。 屋上の保護コンクリートも何だかんだ普通コンクリートで大丈夫だったので、 なかなか使用する事がなかったのです。   しかし この記事をあなたが […]

現場でかぶり厚さ不足が発生したら悲惨な現状になる理由とは?

  以前の記事で、位置、寸法などが規定値に納まっていない場合は、 最小限の影響で済むように提案することを建築工事監理指針として 推奨しているという内容を書きました。   しかし その記事で1つだけ条件 […]

コンクリートで発生したクラック(ひび割れ)の補修方法を把握しておこう

  前回はジャンカ(豆板)の話を書きましたが今回は「ひび割れ」 についてお伝えしていきましょう。   まず コンクリートに発生したクラック(ひび割れ)については、 大きく分けて2x2の4パターンありま […]

ジャンカ(豆板)の補修方法を知っていれば現場でも怖くない?

  コンクリート打設後の打設階では型枠の解体作業が進んでいます。 その中を巡視で歩いていると、ふとコンクリートの壁に目が止まるのです。 「うわっ、こんな所にジャンカ(豆板)が出来てる! 誰かに見つかるとマズいか […]

断面寸法・位置・仕上がりの平坦さがNGの場合の対処方法とは?

  「あれ?!マズイ昨日打設した柱が倒れている!」 と気付いた時あなたは一体どの様な行動に出ますか? ダメなものはダメ、あっさり不具合部分は斫ってしまう 何とか誤魔化してできないか?と必死に誰にも言わずに誤魔化 […]

コンクリート供試体の採取本数とピッチに関するよくある誤解とは?

  一般的に使用されている普通コンクリートについては 「150m3ごとに試験を行う」というのは私の中では当たり前です。 あなたの中の当たり前としてはどうでしょうか?きっと同じだと感じます。   だから […]

コンクリート中の空気の量を測るというのはどういう仕組みか?

  コンクリートの中に含まれている空気の量を測るというのは、 冷静に考えると難しいですよね。水やセメントなど目に見えるものは 測りやすいですが、空気のような見えないものをどう測るのか? という事もありますが & […]

コンクリート受入時のスランプ試験でTMが密かにしている事とは?

  今回の話をすると 「TMって陰険で嫌らしい奴」 とあなたは感じるかも知れませんが、気にせずに進めて行きますよ。   まず コンクリートの受入時のスランプ試験のおさらいをしましょう。 スランプコーン […]

コンクリート受入検査の試料の採取場所は荷卸し地点で良いのか?

  コンクリートの受入試験を生コン車から普通に採取していると、 「コンクリートの受入は荷卸し地点じゃなくて、 打設場所の筒先じゃないか?」 とあなたは言われた事が有りますか?この記事のタイトルを見てクリックした […]

天井インサート図の割付時にTMが経験上気を付けている事とは?

  天井インサートとは、仕上げ時にコンクリートスラブから重量物や 天井の軽量鉄骨下地を吊る時に用いられる受け材です。   釘付 軽天 インサート【緑】ポパイ2 3/8三門P−3020天井 インサート【 […]

セパレーターの選択は型枠大工さんの仕事?現場監督の仕事?

  セパレーターは型枠の両側のパネルを所定の間隔で保持する部材です。 型枠 Pコンタイプ 8B セパレーター 5/16 300mm 楽天で購入       今回は始めに 「建築工事 […]

突貫工事で型枠支保工を1日でも早く解体して仕上げたい時には?

  「突貫工事だから支保工1日でも早く取りたいから、 1度解体しておいてパイプサポートを付き直せば、 引き続き梁やスラブの荷重受けてます。じゃダメかな~?」   はい 「ダメです!」   そ […]

庇の様な片持ちスラブの支保工を1日でも長く置きたい心理とは?

  「中のスラブは別に良いけど、バルコニーの支保工は出来るだけ置きたいね」 と言われる工事監理者さんは多いです。 実際には、工期の関係上なかなか要望が叶うことは無いのですが…。   しかし 工事監理者 […]

型枠支保工の存置期間を決めるのは強度?期間?それとも?

  型枠支保工は空中に作られた梁やスラブの強度が出るまでの 仮の支柱の役割を果たしています。   だから コンクリート打設1日後に梁やスラブの型枠支保工を全て解体すると、 (と言いながらやったことがな […]

型枠支保工が!TMが新入社員時代にやってしまった失敗とは?

  「こんな状態で明日コンクリート打設したら、 どんな結果になるか分からんのか!」 と進入社員時代に言われた時に、恥ずかしながら全く何が起きるのか? 内容を聞かされていても、そこまでの事になるのか?という事が […]

型枠支保工は労働基準監督署の臨検時のターゲット!7つの対策法とは?(2)

  前回の記事では型枠大工さんに必要な技量について4つの項目を お伝えしましたので、今回は最後の1項目をお伝えしていきましょう。   5つ目は 水平材、斜材、配置など計画図と著しく異なる箇所がないこと […]

Exit mobile version