軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは?

Sponsored Links
/* */

 

軽量コンクリートって私自身一度も使ったことが無いです。
屋上の保護コンクリートも何だかんだ普通コンクリートで大丈夫だったので、
なかなか使用する事がなかったのです。

 

しかし

この記事をあなたが読んでいると言うことは、打設の機会があるはずなので、
今回は一般的な普通コンクリートの管理に加えて、軽量コンクリートで
注意していただきたいポイントをお伝えします。

 

まず

人工軽量組骨材を練り混ぜる時には、十分に吸水させる必要があります。
普通コンクリートの骨材よりも人工軽量骨材の方が吸水が少ないと、
スランプ低下やコンクリートポンプ車による圧送時に閉塞を起こす
危険性が有るので、配管による輸送距離が100m以上になる場合は、
状況に応じて圧送管の径をアップさせるなどの検討をすると良いでしょう。

 

 

2つ目は

人工軽量骨材は比重が軽いために、コンクリート打設時にバイブレーターを
長時間掛けてしまうと粗骨材が浮き上がってくる恐れがあります。

 

たがら

バイブレータを掛ける時間を普通コンクリートと比較してより短時間で
効率的にかける必要あるので、注意して管理して下さいね。

 

 

3つ目は

普通コンクリートに比べて、軽量コンクリートは打設後のブリーディングの
沈降が大きいのが特徴です。

 

だから

上部躯体全体を軽量コンクリートで打設する場合は、柱・壁の後に梁、
そしてスラブの打設という風に各部材を順序良く打設しないと
ブリーディングによる沈降ひび割れが生じる危険性があるので、
急いで次の部材に打ち急ぐというよりは、一呼吸おいて次のステップに
進むような余裕を持った打設計画を立てることをオススメしますよ。

 

最後に

建築工事監理指針(令和元年版上巻) [ 国土交通省大臣官房官庁営繕部 ]
の該当部分を確認して下さい。

P.488

(1) ポンプ圧送を行う軽量コンクリートの練混ぜ時の人工軽量組骨材は、あらかじめ十分に吸水させたものを使用しなければならない。これは、 6.10.3(3)に示されるスランプの低下や、圧送による圧力吸水を防止するための対策である。表 6.10.2 に示すように、製造所出荷時の吸水率はこれらの値を満足するように管理されているので、入荷後の乾燥を防止する対策が十分とられていることを確認することが大切である。

軽量コンクリートを圧送する場合には、骨材の圧力吸水によるスランプの低下や輸送管内での閉塞を生じるおそれがあり、この傾向は特に圧送距離が長い場合に顕著である。この対策としては、輸送管の径を大きくするほかに中継ポンプの使用や他の運搬方法との併用等が考えられるが、「標仕」では輸送管の径を大きくする方法を採用し、輸送管の水平換算距離が 150 m 以上になる場合には輸送管の呼び寸法を 125A 以上とし、圧送を容易にしている。

 

(3) 軽量コンクリートの打込み及び締固めでは、人工軽量粗骨材の密度が小さいためモルタルが沈降し、粗骨材が浮き上がって分離する傾向にあり、また、自重が軽いため型枠の隅々や鉄筋の回りにいきわたりにくくなる。バイプレーターによる横流しを厳禁したり、高所からのコンクリートの投入を避けるなど分離を生じない方策を徹底するとともに、バイブレーターの選定に当たっては、周波数の高いものを用いるようにする。振動機の1度の差込み時間は 5 秒程度とし、かけ過ぎないようにする。

軽量コンクリートは、普通コンクリートに比べてブリーデイングによる沈降が大きく打込み順序を適切に定めないと沈降に伴うひび割れを発生する。したがって、壁及び柱に打ち込んだコンクリートが落ち着いた後に梁を打ち込み、梁のコンクリートが落ち着いた後にスラブを打ち込む基本 (「標仕」6.6.3 (7)) を忠実に守る必要がある。

 

つまり

軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは以下の通りです。

  • 人工軽量組骨材を練り混ぜ時に十分に吸水させる必要があり、かつ現場では乾燥に注意しないと圧送管の閉塞などのトラブルが発生する
  • 骨材が軽いために粗骨材が浮き上がってくるのでバイブレータの時間を減らす必要がある
  • ブリーディングの沈降が大きいので、各部材を順序良く打設しないとひび割れが生じる危険性がある

この3つのポイントを読んでいると、普通の骨材に比べて人工軽量骨材
の場合の方が、コンクリートの打設に関して「シビア」に管理をしないと
いけないという印象が強いですね。

 

ここで

コンクリートの打設の基本のポイントについて一度おさらいを
しておいた方が、軽量コンクリートを打設する為にプラスになると
感じるので、是非こちらの記事も合わせて読んで下さいね。

↓ ↓ ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(8)

  2. アースアンカー方式は近隣さんの理解の上に成り立っている工法

  3. 道路使用時の25tラフタークレーンの意外な設置の考え方とは?

  4. 建築現場で斫り墨を出す前に検討すべき3つのポイントとは?

  5. 分かれば納得!1階の墨を2階に上げる方法と注意点とは?

  6. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より高い場合(1)

  7. 鉄筋の強度の違いは材料のどこに差があるのか?

  8. 鉄筋の役割とは?問題点の解決法の基本的考え

  9. 家屋調査の注意点!井戸や池の鯉は要注意!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 流動化コンクリートは不具合なしの万能薬か?管理の厳しい材料か?

    2021.03.05

  2. マスコンクリートって関係ないと思っていませんか?実は身近に…。

    2021.03.03

  3. 暑中コンクリートで生じやすい5つの問題と管理ポイントとは?

    2021.03.01

  4. 寒中コンクリートで建築工事監理指針が示す2つの技術的課題とは?

    2021.02.26

  5. 軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは?

    2021.02.24

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ