ねじ節鉄筋と通常の異形鉄筋の用途の違いと継手方法とは?

Sponsored Links

 

一般的な鉄筋の種類といえば「異形棒鋼」である。
現在では「丸鋼」はほとんどお目にかかることも無くなった。

 

そして

今回のテーマである「ねじ節鉄筋」も各メーカーより販売されている。
ちなみに、私もねじ節鉄筋を使った現場というのは一握りしか無い
特殊な鉄筋である。

 

では

ねじ節鉄筋とはどういった鉄筋なのか?

というと、文字通りに鉄筋の節が「ねじ状」になっていて、
鉄筋のサイズに合うボルトをクルクル回すとドンドン入っていく状態。
例えるなら「寸切りボルト」みたいな感じなのだ。

 

 

ところで

ねじ節鉄筋はどのようなシチュエーションで登場するのか?

と言うと、私が使用した現場では「定着板」、「機械式継手」が
キーワードであった。

この「定着板」、「機械式継手」をねじ節鉄筋の「ねじ状」の
部分を利用してクルクルと装着する為にねじ節鉄筋を使用した。

定着板も機械式継手も一般的な異形棒鋼に使用できるタイプも
有るよという声は聞こえてきそうだけど、施工費込みでの
トータルコストを検討した結果「ねじ節鉄筋」を採用する事になる。

詳しい仕様などは、それぞれの製造メーカーのカタログなどを
参考にして欲しい。

 

ここで1つ質問

「ねじ節鉄筋と一般的な異形棒鋼の継手はどうするのか?」

だけど、私の使用した現場においても、例えば梁の種菌であれば
「定着板に絡む主筋はねじ節鉄筋、それ以外は一般的な異形棒鋼」
と使い分けていたので、現実的な問題では有る。

ちなみに、使い分けた理由は「ねじ節鉄筋の方がコストが高いから」
全体的なコストを抑えるために材料の使い分けを実施している。

 

ここで

正解の1つとして、私の現場では「溶接継手」を使用して接合したよ。
きっと、「異形棒鋼でも使用できるタイプの機械式継手」でも良いよね。

圧接でも良いとは感じるけど、ねじ節鉄筋を使用するような現場は、
鉄筋を先組みしたり、PCと併用している部分があったりなどで、
鉄筋が縮むのを嫌がる現場が多いのでは無いか?と推測するよ。

 

つまり

ねじ節鉄筋を使用するケースとしては「機械式継手」や「定着板」
を現場で採用する場合が多い。

 

更に

ねじ節鉄筋と一般的な異形棒鋼とは「溶接継手」または
「異形棒鋼でも使用できるタイプの機械式継手」によって
施工されることが多いと感じる。

理由としては、特殊な鉄筋を使用する場合は、PCや鉄筋先組など
他の特殊工法と組み合わせて使用している場合が多いから。

 

更に更に

ねじ節鉄筋は一般的な異形棒鋼よりもコスト面においては
割高なので全体のメリット・デメリットを踏まえて俯瞰的に
検討をすることを是非オススメするよ。

 

あっ

俯瞰的に現場を見るって言ったら昔こんな記事も書いたっけ?
良かったら合わせて読んでみてね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 足場のメッシュシートを綺麗に張ってある現場の特徴とは?

  2. 鉄筋のスペーサーのピッチと注意事項を理解しておこう

  3. 建築現場の埋め戻しは30cmピッチ?20cmピッチ?

  4. 大型のトラッククレーンを使用した時に失敗した3つの事例とは?

  5. 建築現場のクリーニングで私がいつもチェックするポイントとは?

  6. 建設現場で水質汚濁防止法違反になるケースとは?

  7. 杭材料を信じるな!思い込みが産んだ危機一髪な出来事(2)

  8. ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは?

  9. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計…

    2018.05.25

  2. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

    2018.05.23

  3. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(建物の高寿命化)

    2018.05.21

  4. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

    2018.05.18

  5. 鉄筋のかぶり厚が足らないと起こりうる建物崩壊につながる問題とは?

    2018.05.16

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (42)
  • 工種別の管理ポイント (264)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (8)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー