梁主筋端部に定着板を使用した場合のメリットとデメリットとは?

Sponsored Links

 

あなたは定着板って使用したことあるかな?

ちなみに、こんなやつ。

実は、私もほとんど使用したことがない。

 

大抵は

梁の主筋の端部はL2=35d などの折り曲げ寸法で曲げられて
定着寸法を確保しているのが9割だろう。

 

では

定着板ってどんなメリットがあるんだろう?

 

まずは

柱と梁の接合部分であるパネルゾーンの納まりがスッキリする。

 

例えば

柱や梁の主筋の本数が比較的に過密である下層階における
パネルゾーンにおいては、梁の主筋の定着折り曲げ部分が
X、Y方向から存在すると

「これって、コンクリート回らないんじゃない?」

と言うような状況に、もしかするとあなたも遭遇したことあるかも知れない。

そんな時に、定着板だとスッキリしていて品質的にも良いよね。

 

次に

梁の鉄筋を地上のヤードで組み立てて、クレーンで吊り込む
「鉄筋先組工法」の場合にもメリットがある。

建物端部の梁筋についても、クレーンで柱の主筋の間に
通しながら、徐々に下ろしていくのだけど梁筋の定着部の
折り曲げている鉄筋が少しでもずれると柱筋に干渉する
可能性が非常に高くなるからね。

 

ところで

メリットばかりか?と言えばそうでもない。
もしも、メリットばかりであればもっと普及しているはず。

 

そこで

デメリットとしては、定着板の中では普通の鉄筋ではなく
ねじ節鉄筋という特殊な鉄筋に取り付けるタイプがある。

この特殊な鉄筋は当然ながら一般的な異形棒鋼よりは
コスト面で割高になるため費用を出来るだけ抑えて工事を
終わらせたい現場側としては嫌煙されがちだから。

 

更に

全く定着板が設計図書に反映されていない場合では、
変更するまでに多大な労力、費用、期間を要するのも事実。

 

だから

増大するコスト面と比較してみてメリットが有るかどうか?
が定着板を採用するかどうかの分岐点になるかな。

 

つまり

梁主筋端部に定着板を使用した場合のメリットとは、
定着の折り曲げ部が無いため非常にパネルゾーンがスッキリし、
先組み工法などでは梁鉄筋の吊り込み時に施工が容易である。

 

また

デメリットとしては、定着板を取り付けるのにねじ節鉄筋を使用する
場合があるので、鉄筋材料自体がコストアップになるということ。

 

しかし

梁筋が非常に密な場合や先組工法などの施工方法によっての
トータル的なメリット・デメリットの検討から採用を決めてほしい。
変更の協議をする場合は確認申請の計画変更などを伴うので
設計者とよく打ち合わせを行って進めてね。

 

ちなみに

ねじ節鉄筋についてはこちらを参考にしてね。

↓  ↓  ↓

■■ねじ節鉄筋

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 建築現場の土工事で床付け検査を行う時に確認すべき項目とは?

  2. 施工計画書の裏側!添付資料はあなどるな!検査であせった出来事とは?

  3. 外部足場の養生はメッシュシートか?ネットか?それとも…

  4. 型枠支保工の計算の不備から起きる最悪の状態とは?

  5. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(3)

  6. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(8)

  7. 大型のトラッククレーンを使用した時に失敗した3つの事例とは?

  8. 建設工事計画届の作成のポイント【表紙~工程表

  9. 鉄筋のスペーサーのピッチと注意事項を理解しておこう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計…

    2018.05.25

  2. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

    2018.05.23

  3. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(建物の高寿命化)

    2018.05.21

  4. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

    2018.05.18

  5. 鉄筋のかぶり厚が足らないと起こりうる建物崩壊につながる問題とは?

    2018.05.16

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (42)
  • 工種別の管理ポイント (264)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (8)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー