鉄筋のフック寸法と曲げ内法寸法の基本の「キ」の話

Sponsored Links

 

今回の記事は、知らなくても現場で困ることは無いかもしれない。

 

しかし

全く知らないまま、突然知識として必要となった場合には
「恥をかいてしまう」可能性があるので、知識として
頭の片隅に置いて欲しい内容である。

だからと言って、数字をしっかりと覚えなければならない
とは私は全く感じないし、鉄筋の加工業者がしっかりしていれば
全く問題ない内容である。

それでは、早速始めていこう。

 

まず

こちらの表を確認して欲しい。こちらに私の今回伝えたい
全てが詰まっているからである。

 

表:鉄筋の折曲げ内法直径

折曲げ角度 折曲げ図

(余長)

折り曲げ内法直径(D)

SD295A

SD295B

SD345

SD390
D16以下 D19~D38 D19~D38
180° 3d以上 4d以上 5d以上
135°
90°
135°及び90°

(幅止め筋)

 

ここで

私が知識として覚えておいて欲しいポイントは2つ。

  • フックの寸法は折り曲げ角度によって異なる
  • 鉄筋の曲げ加工の内法寸法は鉄筋の強度により異なる

 

つまり

先程お伝えしたように、鉄筋の加工レベルで間違いなければ、
現場でトラブルになるような事は全くない内容である。

 

だけど

ある所長さんが、若い職員に「具体的な数字」ではなく、
「フックの角度や鉄筋の強度で変わるか?否か?」について
質問をした答えが散々な結果だった。と以前おっしゃっていた。

 

もしも

同じ質問を工事監理者さんなどからされて、全くトンチンカンな
答えを連発してしまったら信用も薄らいでしまうかも知れないよね。

 

だから

具体的な数字はともかくとして、「何らかの要因で違う」
という事実だけは覚えておいて欲しいのだ。

 

実際の場面では

「えーっと、具体的な数字はド忘れしてしまいましたが
鉄筋の強度で違いましたよね~」

と言って図面の該当箇所を調べれば良いからね。

「私はド忘れしてしまった「数字のみ」今調べてるんですよ」とね。

 

つまり

鉄筋のフックの基本寸法と現場で間違いの起こりやすいポイントとは、
フックの角度によってフックの長さが違うと言うこと。
更には、高強度せん断補強筋についてはメーカーにより規定が
あるので各メーカーのカタログを確認する必要があるよね。

 

更に

鉄筋を曲げる内法半径については、鉄筋強度と部位によって
違ってくるので知識として身につけておこうね。

 

あっ、そうそう。

高強度せん断補強筋については
こちらの記事を合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 杭工事が完了して基礎工事に渡す前に確認すべきたった1つのこと

  2. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(2)

  3. 継手の位置の基本の「キ」!なぜそこで継ぐのか?を理解する

  4. 杭工事で電流計のデータが取得失敗したらどうする?

  5. 建築現場の仮囲いに貼っておくべき7+3の内容とは?(1)

  6. 鋼管杭の回転圧入工法で杭工事の悩みを激減させる最大のメリットとは?

  7. 足場に使用するメッシュシートは1類、2類があるが使い分けの基準は

  8. 定着長さが配筋検査時の直すのが非常に困難な指摘事項の1つ!?

  9. 配筋検査の時期と内容について伝えておくべきこととは?(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ