高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

Sponsored Links

 

鉄筋の強度について以前お伝えしたことがあるが、
その時に例外としてあげたのが今回お伝えする予定の
「高強度せん断補強筋」である。

高強度せん断補強筋というのは、現在では特別な材料ではなく、
きっと10階建て以上の鉄筋コンクリート造の建物なら
普通に用いられているのでは?と感じるくらいの材料である。

 

ちなみに

高強度せん断補強筋については「監理指針」
にて簡単に解説されているので紹介しておこう。

 

(g) 近年では,せん断補強として,高強度せん断補強筋が用いられることがある。これは,降伏点が685 N/mm2,785 N/mm2等の材料であり,せん断補強筋量を低減させることができる。また,梁貫通の補強筋としても,鉄筋径を低減させることができることから使用されている。最近では, 許容応力1,275 N/mm2の材料も用いられることがある。ただし,これらは大臣認定品であり,強度式とリンクしていることや折曲げ寸法についても注意が必要である。

 

これで

高強度せん断補強筋の簡単な説明は終わりにして本題に入るが、
高強度せん断補強筋というのは、文字通り「高強度」である。

となると、何か不具合があったからといって「現場で加工」
するのは極めて難しい材料なのだ。

 

だから

高強度せん断補強筋は「工場加工」されてくるので、
発注寸法などを間違えると、再発注すべき材料であり
現場で何とかしようとしても鉄筋屋さんに断られることに
きっとなるだろうと感じるよ。

 

そして

高強度せん断補強筋を梁に使用する場合は「フックの折り曲げ寸法」
に注意することが必要だね。

 

なぜなら

特記仕様書には「6d」と記入されている曲げ寸法が
高強度せん断補強筋であれば「8d」と大きくなっている
場合があるからだ。

 

すると

梁の主筋が2段筋になっている場合に、高強度せん断補強筋と
主筋が「干渉」してしまう可能性が高いからである。

 

もしも

鉄筋の納まり上で、干渉しない場合でも知識として覚えておいた方が
良いと私は感じる。

特記仕様書の記載内容次第だけど、結果的に異なる内容になる場合は
質疑書とカタログを添えて承認を取っておくことが大切だからね。

 

つまり

高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは

  1. 強度が高くかつフープなどは溶接接合を行っているので現地加工が出来ない。
  2. 端部のフックの長さが通常の鉄筋より長い場合が有る。

ということである。

建築現場に限らず工場製作物は、加工寸法などを間違えると
「一円の価値もない商品」にいっきになリ下がってしまう。

 

だから

事前に失敗しないように十分注意して検討できれば良いけど
なかなか思うようにはならないというのが現実だよね。

現場を巡視したりする場合でもきっと同じだと私は感じるよ。
だから、こちらの記事も合わせて読むことをオススメしておくね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 地下水位の高い現場で山留めを計画する時に留意すべき事とは?

  2. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計かぶり)

  3. 建築現場で斫り墨を出す前に検討すべき3つのポイントとは?

  4. クレーン作業を悪天候で中止する勇気はあなたに有るか?

  5. 杭材料を信じるな!思い込みが産んだ危機一髪な出来事(1)

  6. 地下水位の高い地域の基礎工事は水替え費用をけちるな

  7. 場所打ちコンクリート杭の施工計画書の作成について(1)

  8. 杭汚泥を自ら利用しようとする場合に役所により見解の違う事とは?

  9. 当たり前すぎで見過ごしがち!帯筋やあぱら筋等のせん断補強筋の端部フック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー