鉄筋材料の基本事項を知っておこう(メタルタグ編)

Sponsored Links

 

鉄筋材料を所定の製造元から出荷されたものであることを
証明するにはメタルタグとミルシートが重要である。

 

なぜなら

鉄筋材料メーカーからロール材として出荷された材料には、
必ず1束ごとにメタルタグと呼ばれる鋼板がついているから。
そして、ミルシートと照合することで正規に出荷された材料だと
確認が出来るようになっているから。

 

(b) 鉄筋には、1こん包ごとに荷札が付けてあり,種別の記号,径又は呼び名,溶鋼番(7,2,10(a)(1)(ⅱ)参照),製造業者名等が表示される。

(c) 規格品証明書については. 7.2.10(a)(1)(ⅱ)を参照する。

と「建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」に書いてある通り
メタルタグには鉄筋径、種別、本数などが記載されている。

 

実際に

鉄筋の受け入れ検査の場合に、鉄筋自体のロールマークや径を
確認すると共に、本数を確認することもある。
個人的には、気の遠くなるような本数があるので、
出来るだけ少ないロットの本数を数えて確認してほしい。
と感じているのが本音だけどね。

 

そして

鉄筋の受け入れ検査を行ったときにメタルタグを見て、
種別が間違って納入されていた事に気付いた事もあるので
しっかりと確認しておいた方が良い。

 

更に

メタルタグについては、中間検査や完成検査時には
「資料」として提示する場合があるので、必ず回収しよう。

 

そして

検査に備えて、ミルシートの記載順に並べてカラーコピーを
取っておけば非常に分かりやすいから大変だけどオススメ。

綺麗にまとめてあれば最初の数枚を確認したら後はスルー
という事が多いので努力する価値はあると感じるよ。

 

つまり

メーカーからロール材として出荷される材料には1束ごとに
メタルタグと呼ばれる鋼板が取付けられている。

このメタルタグは、工事中に回収しておくことが必要なので
忘れないように鉄筋の加工業者へ指示しておこうね。

 

更に

メタルタグはミルシートを参照して、順番通りに並べて、
コピーを取っておけば検査時にチェックされる時間が
短縮されるからオススメだよ。

 

そして

こちらにも簡単に解説しているので合わせて読んでね。

↓  ↓  ↓

 

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(建物の高寿命化)

  2. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(鋼材の種類、製造方法編)

  3. 杭頭補強筋の溶接長さに関して構造上いつも迷う事とは?

  4. 場所打ちコンクリート杭の余盛高さを変更するメリット・デメリットとは?

  5. 場所打ち杭の検尺って本当に当てになるのか?という疑問

  6. 再生砕石を使用する上で環境的に必ず知っておくべき事とは

  7. 大型のトラッククレーンを使用した時に失敗した3つの事例とは?

  8. 型枠支保工の計算の不備から起きる最悪の状態とは?

  9. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 複数本並んだ長尺物を継ぎ足す場合の原理原則とは?

    2019.02.20

  2. 鉄筋を「継ぐ」にも等級があった!一般的なガス圧接継手の等級は?

    2019.02.18

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. 定着長さが配筋検査時の直すのが非常に困難な指摘事項の1つ!?

    2019.02.13

  5. 梁の主筋の定着はただ直線で必要長さが確保できていれば良いのか?

    2019.02.08

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (54)
  • 工種別の管理ポイント (294)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー