鉄骨の製品検査に工事監理者さんを連れていくのは当たり前なのか?

Sponsored Links
/* */

 

「今度鉄骨の製品検査が有るのですが日程いつにしましょうか?」

と9割の鉄骨造の現場では工事監理者さんに問い掛けているでしょう。

 

そして

工事監理者さんが始めから「行かない」というスタンスの人でない限り、
他の材料は別にしても、鉄骨くらいは立ち会いに行くことが多いです。

 

しかし

実は、鉄骨の製品検査は工事監理者さんの立ち会いは「必須ではない」のです。

原則として、製品検査は、施工者と製造業者の検査結果を工事監理者さんが
判断するものなので、直接立ち会いに行く必要は無いのです。

 

では

一体なぜ鉄骨の製品検査に工事監理者さんが行くのでしょうか?

 

まず

建築工事監理指針には、ただし書きとして

必要に応じて実際の製品に対して直接検査を行う

と記載されているので、ほとんどのケースは「必要に応じて」いるのです。

 

そして

私が考えている1番大きな理由は

工事監理者さんが立ち会うことが、工事監理者にとっても施工者にとっても
「都合が良い」と考えているからです。

 

具体的には

工事監理者さんの立場とすると、鉄骨造の建物で鉄骨は「1番主要な材料」
なので、他の材料については施工者任せにしても鉄骨だけは立場上
「直接確認した」という形をとる事が「監理しています」と施主さんに
アピールするためには外せない外せない要素となるはずです。

 

逆に

施工者の立場としては、工事監理者さんに立ち会ってもらって
「お墨付き」を貰うことが、今後の工事を進めていく上での「安心材料」
になることは間違いないでしょう。

 

だから

鉄骨の製品検査の立ち会いは、お互いの立場の利害が一致する為、
欠かすことの出来ないイベントになっているのでしょうね。

 

最後に

建築工事監理指針(令和元年版上巻) [ 国土交通省大臣官房官庁営繕部 ]
の該当部分を確認して下さい。

P.523

(8) 鉄骨製作業者と受注者等が実施する検査内容等は、次のとおりである。

(ア) 鉄骨製作業者の社内検査

工場製作要領書・工事現場施工要領書に記載した計画に基づき、工場製作・工事現場施工の各工程と完了時に自主的に社内検査を実施し、検査の結果を記録して、受注者等に報告する。

(イ) 受注者等の中間検査・受入検査

鉄骨製作業者の社内検査結果の報告を受け、検査成績書の内容確認と抜取りによる製品と施工結果の現物検査を実施する受入検査を行い、合格したものを受け入れる。受入検査の結果を記録し監督職員に提出する。

なお、最終の製品となってしまってからでは検査できない項目については、各製作工程途中で検査が終了していなくてはならない。このような検査を中間検査といい、社内検査、中間検査、 受入検査の 3種類の検査で、製品の品質が確保される。

(9) 監督職員の検査については、受注者等が作成した受入検査成績書の内容を確認し、適否を判断することが原則であるが、必要に応じて受注者等の受入検査時に実際の製品に対して直接検査を行う

 

つまり

鉄骨の製品検査に工事監理者さんを連れていくのは当たり前なのか?
という疑問に対しての答えは、原則として「製作工場と施工者」が確認する
というのが建築工事監理指針で記載されているのでセオリーなのだが、
「必要に応じて」工事監理者が直接確認するとも記載されています。

 

しかし

現実には、建物の主要構造部である鉄骨については、工事監理者さんが
「行かない」という場合を除けば、声を掛けて直接確認して貰った方が
お互いに「安心」出来るというのが本音だと私は感じていますよ。

 

更に

工事監理者さんと一緒にあなたが製品検査にいく場合はこちらの記事に
書かれている事を意識すると、より良好な関係を築くことが出来る
チャンスだと私は考えているので、是非確認しておいて下さね。

↓ ↓ ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 結束線、段取り筋の品質管理とかぶり厚さの問題

  2. 継手の位置の基本の「キ」!なぜそこで継ぐのか?を理解する

  3. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

  4. コンクリート強度確認の大原則は非現実的だという現実とは?

  5. 材料搬入出用の荷取りステージは張り出しか?地上から組むか?

  6. コンクリートの品質は実は全国でバラバラ!骨材にみる違いとは?

  7. 杭工事で重要な管理項目の1つである杭芯のずれはいつ確認する?(1)

  8. 溶接金網の拾い出しを行なう時にやりがちな失敗例とは?

  9. スラブ筋の開口補強はどのサイズまで凡例が適用出来るのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 鉄骨工事の中で自然と行われている「環境的な配慮」とは?

    2023.04.10

  2. 鉄骨の製品検査に工事監理者さんを連れていくのは当たり前なのか?

    2023.04.03

  3. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.27

  4. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.20

  5. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.13

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ