乗入れ構台に乗り入れられない?計画時のチェックポイント(1)

Sponsored Links

 

乗入れ構台をせっかく計画したのに使い物にならない。

そのような経験はあなたには無いかも知れないけど、
決して他人事では済まされない内容なので、
しっかりと将来のあなたの為に確認しておこう。

と言うのは

 

別に、今回の記事は私自身の失敗ではないが、
世の中にはこんな失敗事例もあるよ。ということ。

 

まずは

乗入れ構台の高さだけど、どの作業まで構台を
使用して行うかで、当然変わってくるよね。

そして、構台を使って構築したい躯体よりも高い位置に、
乗入れ構台の床面を受ける大引が設置されるわけで、
通常の1階の床面よりも高い位置に、乗入れ構台の床高さが
設定されることがほとんどである。

 

ここで

何が言いたいかというと、例えば大型トレーラーなどは、
急勾配では車両の底を地面にすってしまって通行できない。

 

だから

一般的には構台の乗り入れ部の勾配は1/10~1/6
くらいで設計するけど、構台の図面を見ると乗り入れ口は
「GL±0」とか案外適当に書かれている場合がある。

 

なぜなら

構台の図面を書いている人は、現場に常駐している人とは
決して限った話ではないので、場内の埋め戻しレベルや、
周辺道路の高さなんて知る由もない可能性があるから。

 

しかし

パッと見て、図面が出来上がっている風に見えるので
現場では、そこまで確認しないかもしれないが、
いざ、構台を組み始めて、周辺道路が低かったりすると、
かなりの急勾配な入り口が出来てしまう恐れがある。

 

そして

「この坂をトレーラーでは腹をすってしまうから登れないですよ」

という運送会社からの冷たい一言を受けてしまう恐れがある。

 

もしも

高さの調整が効くくらいの敷地が場内にあれば、
対応は出来るけど、そもそも「乗入れ構台を設置しようか?」
と言うような現場に余分な敷地は無いはずなので、

「最終的の周辺地盤のどのレベルと構台が取り合うのか?」

ということは、しっかりと事前に現地を測量して図面と
照らし合わせる必要があると私は感じるよ。

 

後で後悔するのはあなただからね。

 

そして

もう1つチェックしておきたいポイントをお伝えしようとしたけど、
文量が多くなってしまうので、明日にするね。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. コンクリート打設中に必ずチェックすべき地中梁の配筋の乱れとは?

  2. 基礎と柱のかぶりが違うから私が気に入らない件とは?

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

  4. 鉄筋材料を役所の数量以上に発注していないというトラブルの原因とは?

  5. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘密とは?

  6. 建築の確認申請や計画通知がいつおりるのか?それが問題だ

  7. 梁の主筋が納まらない時に、勝手にしてはイケない事とは?

  8. 仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

  9. 建築現場で良く使用される揚重機(クレーン)の種類を簡単解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 梁筋のあばら筋(スタラップ)のキャップタイの落とし穴とは?

    2020.01.27

  2. あばら筋の配筋に見られる基本の「キ」の欠落事例とは?

    2020.01.24

  3. 梁主筋の継手を端部に設けてはイケない理由とは?

    2020.01.22

  4. 連続梁筋の柱内定着をアンカー納まりにする3つデメリットとは?

    2020.01.20

  5. ハンチ付き梁のハンチ部分の定着が一般梁と異なる理由とは?

    2020.01.17

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (334)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (9)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ