乗入れ構台に乗り入れられない?計画時のチェックポイント(1)

Sponsored Links

 

乗入れ構台をせっかく計画したのに使い物にならない。

そのような経験はあなたには無いかも知れないけど、
決して他人事では済まされない内容なので、
しっかりと将来のあなたの為に確認しておこう。

と言うのは

 

別に、今回の記事は私自身の失敗ではないが、
世の中にはこんな失敗事例もあるよ。ということ。

 

まずは

乗入れ構台の高さだけど、どの作業まで構台を
使用して行うかで、当然変わってくるよね。

そして、構台を使って構築したい躯体よりも高い位置に、
乗入れ構台の床面を受ける大引が設置されるわけで、
通常の1階の床面よりも高い位置に、乗入れ構台の床高さが
設定されることがほとんどである。

 

ここで

何が言いたいかというと、例えば大型トレーラーなどは、
急勾配では車両の底を地面にすってしまって通行できない。

 

だから

一般的には構台の乗り入れ部の勾配は1/10~1/6
くらいで設計するけど、構台の図面を見ると乗り入れ口は
「GL±0」とか案外適当に書かれている場合がある。

 

なぜなら

構台の図面を書いている人は、現場に常駐している人とは
決して限った話ではないので、場内の埋め戻しレベルや、
周辺道路の高さなんて知る由もない可能性があるから。

 

しかし

パッと見て、図面が出来上がっている風に見えるので
現場では、そこまで確認しないかもしれないが、
いざ、構台を組み始めて、周辺道路が低かったりすると、
かなりの急勾配な入り口が出来てしまう恐れがある。

 

そして

「この坂をトレーラーでは腹をすってしまうから登れないですよ」

という運送会社からの冷たい一言を受けてしまう恐れがある。

 

もしも

高さの調整が効くくらいの敷地が場内にあれば、
対応は出来るけど、そもそも「乗入れ構台を設置しようか?」
と言うような現場に余分な敷地は無いはずなので、

「最終的の周辺地盤のどのレベルと構台が取り合うのか?」

ということは、しっかりと事前に現地を測量して図面と
照らし合わせる必要があると私は感じるよ。

 

後で後悔するのはあなただからね。

 

そして

もう1つチェックしておきたいポイントをお伝えしようとしたけど、
文量が多くなってしまうので、明日にするね。

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 既製杭は打設順序はなぜ番号順でなく飛び飛びに打設するのか?

  2. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

  3. 杭頭補強筋を溶接する前にやっておくべきたった1つのこと。

  4. 自立式山留め工法の変位の計測結果の最も効果的な表示方法とは?

  5. クレーン作業を悪天候で中止する勇気はあなたに有るか?

  6. 乗入れ構台を計画する前に検討するべきたった1つのこと

  7. 施工計画書の裏側!施工フローで工事の流れを全てを記載せよ

  8. 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(施工編)

  9. トレミー管を使用してコンクリートの打設を行うチェックポイント5つ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー