足場も仕事も足元が肝心!チェックすべき3つのタイミングとは?

Sponsored Links

 

足場の足元が不安定なまま上に積み上がっていくと
最終的にどういう結末を迎えるかな?

 

もしかしたら

足場が倒壊してしまうかもしれないし、
倒壊までは行かないにしろ、バランスが崩れてしまって
更に上に組み立てるのが困難になるかもしれない。

 

だけど

いつ、どのタイミングで何をチェックするべき?

と感じている人がいるかもしれないので
今回は、足場の足元の点検についてお伝えしていく。

 

まず

足場を建てる前に、地盤はしっかりとしているか?
を確認することが非常に重要。

特に、建築現場であれば埋め戻しが終わってすぐに、
地上の足場を建てることもあるから。

 

だから

急いでいる現場であると、埋戻の転圧が疎かになり、
足場を建てた後に、沈下をしてしまう。というのは
よく聞く話であるので、埋め戻した後の足場を組み立てる前は
しっかりと、足元の転圧状況を確認しようね。

 

次に

実際に足場を組み立てている最中もしっかりと
確認しておかなければならない。

 

具体的には

  • 足場の根がらみがしっかりと取られているか?
  • ジャッキベースは活動防止の措置が取られているか?
  • 組立後の足場のジャッキベースに緩みは無いか?

という点である。
しっかりと緩みなく活動防止が取られていれば
足元の地盤がしっかりしている限り、そうそう緩むことはない。

 

最後に

組立後にしばらくたって、雨が降った後は
しっかりとジャッキベースの緩みを見たほうが良い。

 

特に

最初の項であげたように、埋戻しをしてから
すぐに建てた足場などの場所においては
降雨により地盤が下がりやすいのが実情である。

 

自分自身の経験として、降雨により地盤が下がってしまって
ジャッキベースの調整代を超えてしまったので、
仕方なくバタ角をジャッキベースの下に井桁に組んで
対応したという失敗事例もあるのだ。

そのくらい、足場組立後の特に降雨の後は
しっかりと足場の足元周りを点検してね。

 

つまり

足場の足元をチェックするべき3つのタイミングとは、
組立前、組立直後、組立後の雨上がりである。

 

そして

確認すべきことは、

  • 地面が締め固まっているか?
  • ジャッキベースに緩みやズレがないか?

を重点的に確認して、足場の不同沈下を無くすこと。

 

だから

普段から、現場を回っている時に「あれっ、オカシイな?」
と気づけるかどうかと言うのは、非常に重要。

 

もしも

ピンと来ていなければ、こちらの記事も読んでみると良いよね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 足場の計画を行う場合にジャッキベースの高さでの失敗例とは?

  2. 杭の剛接と半剛接って何?実は、現場の苦労は大違いの理由とは?

  3. 砕石敷きで再生砕石を使用する前に仕様書で確認すべきなのは何故か?

  4. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

  5. 鉄筋のかぶり厚が足らないと起こりうる建物崩壊につながる問題とは?

  6. 鉄筋のスペーサーは部位ごとに事前に仕様を打合せた方が良い理由(1)

  7. 家屋調査の注意点!井戸や池の鯉は要注意!

  8. 杭工事の工程写真の撮影枚数や立会頻度はいつ決めるべきか?

  9. 杭工事で重要な管理項目の1つである杭芯のずれはいつ確認する?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー