梁筋のカットオフ筋で後悔しない為に確認すべきたった1つのこと

Sponsored Links

 

梁筋のカットオフ筋と言うのは、両端もしくは中央部の下主筋について
取り合う他の部分よりも本数の多い鉄筋を指します。

 

具体的には

端部の上主筋が5本で、中央部の上主筋が4本の場合に
端部から中央部にかけて途切れてしまう鉄筋の事です。通常は

梁の両端部から伸びるカットオフ筋は、梁の全長Lに対してL/4 +15d、
中央部にあるカットオフ筋はL/4 +20というのが一般的です。

 

こちらの

「なぜ、L/4ピッタリじゃないの?」

については、次回の記事でお伝えする予定です。

 

今回のテーマは

「カットオフ筋で見落としがちな注意すべきポイント」

ですが、「全ての現場で該当するわけではない」のです。
私としても2~3回しかお目にかかっていません。

 

ただ

万が一、あなたが該当する現場に当たったとしても、この記事の記憶が
おぼろげながらでも、う~っすらとでも、何となくでもあれば
トラブルは避けることが出来るかも知れませんね。

 

では

一体何に気を付けないといけないか?

 

ですが

一般的なL/4 +15d、L/4 +20dという寸法ではなく、
具体的に「数値が指定」されている場合があるのです。

 

時には

その記載された数値で配筋すると梁のほぼ中央部まで
カットオフ筋が延びてしまうことあります。

 

すると

本来は梁のほぼ中央部まで必要な鉄筋が、L/4 付近までしか無ければ
配筋検査の時に指摘されてパニックになるかも知れません。

 

実は

私も気が付かずに配筋検査を受けたことがあったのですが

「この数値確保できているか?測ってみて」

と言われて、ドキドキしながら測ったことがあります。

 

結果としては

奇跡的に、鉄筋の定尺長さを折り曲げた主筋のの「余分」があったので
必要長さをクリアしていました。

「あ~!!結果オーライだよ」

と心で叫んだ記憶があります。

 

だから

あなたも同じ場面があれば、あらかじめ測定をしておいて確認した後に
「記録として写真を撮っておく」ことを是非ともオススメします。

 

「あっ!そう言えば確認するの忘れたけどカットオフ長さ大丈夫?」

と聞かれたときに慌てないようにするためにね。

 

つまり

梁筋のカットオフ筋で後悔しない為に確認すべきたった1とのこととは、
通常のL/4+15dもしくは20dという寸法だけでなく、カットオフ長さが
あらかじめ指定されている場合があるということです。

その長さは通常のカットオフ筋の長さとは言えないくらいに長いものも
ありますから、施工する前に一度作業員さんに確認しておいたほうが
ギリギリでバタバタしなくて良いと私は感じていますよ。

 

あっ、そうそう。

検査ギリギリで指摘されても手直しできないというトラブルは
こんな事もあるので、合わせて読んでドキッとすることを
1つでも減らしておきましょうね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 玉掛ワイヤーの点検時に本当によくある間違いとは?

  2. 足場の昇降設備はタラップか?昇降階段か?それが問題だ

  3. 梁筋のあばら筋(スタラップ)のキャップタイの落とし穴とは?

  4. 杭穴の埋戻しに良質土を使うと監理指針に書いてある理由とは?

  5. 梁主筋の継手を端部に設けてはイケない理由とは?

  6. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

  7. 鉄筋の位置がズレたときに台直しをしても良い場合の条件とは?

  8. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(2)

  9. 仕上げの墨出しで小部屋が多い時にありがちな失敗とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. スラブ配筋の屋上部の出隅・入隅補強で入れ忘れの多いポイントとは?

    2020.03.23

  2. スラブ段差の配筋等に関する設計者と現場と作業員の攻防とは?

    2020.03.18

  3. 鉄筋屋VS設備屋!?スラブ筋とスリーブを巡るそれぞれの言い訳とは?

    2020.03.16

  4. バルコニーの避難ハッチの開口補強で気を付けるべきポイントとは?

    2020.03.13

  5. スラブ筋の開口補強はどのサイズまで凡例が適用出来るのか?

    2020.03.11

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ