鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(9)

Sponsored Links

 

前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち
14~15項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。

 

16,関連工事との取合い(柱付きコンセント,スラブ配管,壁配管,貫通孔等)

 

鉄筋工事を行なう上で切っても切り離せないものが設備工事などの
関連工事との取合いである。

 

しかし

なかなか施工計画書に記載しろと書かれていても文字にするのは
難しい内容であると感じるので、こちらの記事からダウンロード
して確認して欲しい。

↓  ↓  ↓

 

そこで

この項の説明ではタイトルに書かれている例に従って少しばかり
私自身の考え方をお伝えしていこう。

 

まずは

「柱付きコンセント」についてだけど、柱付きコンセントの場合は
基本的には柱を増し打ちして、増打ち部分にコンセントを仕込む。

 

基本的に

柱や梁などの構造体には設備の配管やボックスを打ち込むと
断面欠損になってしまうためNGである。という考え方をもとう。

 

もしも

設計図書が柱や梁の断面欠損になってしまう納まりであれば、
あなたの意見で変更を提案することを是非オススメするよ。
電気や給排水の図面を書く人は、「構造体の断面欠損」という
概念をあまり持たずに設計する人もいるので、構造担当者と
増打ちを前提とした打ち合わせが出来ていないことも多いからね。

 

 

次に

「スラブ配管」だけど、先程柱や梁の断面欠損になる納まりは
基本的に避けたいね。という話をしたばかりだけど、
いきなり矛盾した結果になるのが、スラブからスラブへの
「渡り配管」である。

 

例えば

マンションなどの共用廊下などで天井を張らない場合は、
スラブ内に埋設配管をするのだけど、そこで梁を横断する場合は
梁のなかにスラブ配管が入ってしまうのだ。

 

そこで

あらかじめ梁のレベルが下がっていて上部の増打ち部に
スラブ配管を通すことが出来れば良いのだけど、
考慮されていない場合は、階高もぎりぎりな場合が多く
上手く処理できない場合もあるので注意が必要だね。

 

ここで

「それは設備屋さんがさ考えることで関係ない」

と考えずに、建築屋さんでも理解しておく必要があるよ。

 

 

3つ目は

「壁配管」だけど、耐震壁に配管やボックスがあると、
ひび割れや音の伝播などのクレームにつながる可能性があるので
極力設けない方が望ましいと感じるよ。

 

もしも

耐震壁に埋設配管があれば、LGSなどで2重壁にして
配管を埋め込まなくても良い方法がないか?検討してね。

 

更に

雑壁での壁配管において「スリット」を横断するか?
は、施工する電気業者とよく打ち合わせておこうね。

 

なぜなら

スリットを避けると構造体に配管する必要があるし、
スリットが動くので配管に影響を与えると考える場合もある。
納まりにもよるので一概には言えないけど、あなたの現場の
「ベストでなくてもよりベターな解答」を探してみて欲しい。

 

 

最後は

「貫通孔等」だけど、あなたが鉄筋担当者なら設備業者から
最低限「どの梁に、何Φが、何本貫通するのか?」について
しっかりと確認しておかないといけないよ。

 

なぜなら

貫通孔の補強の仕様の中で「スタラップの割増」
が必要な場合が多いから。

配筋が終わった後に「1本スリーブ増やしたい」と言われても、
補強用のスタラップを挿入できない場合もある。

 

すると

あなたの悩みの種が1つ増えるだけだからね。

 

今回はこのあたりでおしまいね。
また次回。

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 建物位置の縄張りを行なうことで確認できる3つの事とは

  2. 仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

  3. 杭工事の工程写真の撮影枚数や立会頻度はいつ決めるべきか?

  4. 常駐型のクレーンの計画を行う時についつい忘れがちな事とは?

  5. 施工計画書と施工要領書と作業手順書の違いを理解しているか?

  6. 杭工事で重要な管理項目の1つである杭芯のずれはいつ確認する?(1)

  7. 自立式山留め工法において変位の管理が最重要である理由とは?

  8. 拡底杭の仕組みとは?どのようにして杭先端だけ広げて掘れるのか?

  9. 建設工事計画届の作成のポイント【表紙~工程表

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー