施工計画書の裏柄!施工要領は5W1Hが大事!?

Sponsored Links
/* */

 

施工計画書の一番メインな部分は「施工要領」。

 

つまり

実際にはどのような手順でどのように作業が行わるのか?
を記載する部分で、一番関係者が理解しておきたい部分。

「どのように作業するか?」がしっかりと計画されていないと、
行き当たりばったりの作業になってしまい、良い品質は決して
得ることが出来ないと私は感じているから。

 

でも

どのように記載すると関係者が分かりやすいのだろう?

 

と言うのは

実際の施工要領の部分は、ある一部の人にしか分からない記載に
なってしまっていることが多いという事実があるから。

 

具体的には

一部の人というのは、「計画書を書いた当事者」である。
計画書を書いた当事者は、書くまでに色々調べたりして、
一定の基礎知識が有るため、基礎知識の乏しい人が読むと
理解に苦しむ表現があったりするから。

 

そこで

何が足りないと基礎知識に乏しい人が理解に苦しむかというと、
5w1Hのどれかが抜けている場合が多い。

 

例えば

「鉄骨のボルトを締める」と言う記載だけがあったとする。

 

しかし

  • ボルトの種類は何?トルシア形高力ボルト?
  • 締めるってシャーレンチで締めるの?
  • どのタイミング?前工程と後工程の関係は?
  • 誰が作業して、誰が確認するの?
  • どのようになった時点で完了なの?

などなどの色んな疑問が湧いてくるよね。

 

だけど

計画書を書いた当事者は、

「そんなのいちいち説明しないといけないの?」

と感じるかもしれないけど、

「説明しないといけないよ」

 

だって

施工計画書の基本的な趣旨は

「作業の計画を、全ての関係者に周知して、
計画通りに作業を完了させること」

だからね。

 

今のままだと完全に「独りよがり」の計画書になっているから。
もしも、提出前の施工計画書が手元にあるなら、

「5W1H」に注意して「誰が読んでも分かりやすいか」について
チェックしてみると、新しい視点での発見があるかも知れないね。

 

つまり

施工要領に必要なのは、

  • どのタイミングで
  • 何の材料や工具を使って
  • 誰が
  • どの場所において
  • どのような作業をするか?

を説明することで

・なぜそうするのか?

を合わせて説明が出来る

 

すると

全ての関係者にとって非常にイメージがしやすい
分かりやすい施工要領になると私は感じるよ。

 

しかし

現場のスタッフには、施工計画書と施工要領書と作業手順書の
区別がつかないで仕事をしている人が実は多い。

こちらで記事にしているので合わせて読むと理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

  2. 鉄筋のスペーサーにコンクリート強度を考慮しないと断面欠損になるか?

  3. 雨の日にコンクリートを打設して良いか?理想と現実、5つの策とは?

  4. 既製コンクリート杭のロットで支持層は確認できるのか?

  5. 建築工事を進める上で仮囲いはいつまで必要なのか?基準は?

  6. 施工計画書の裏側4!工程表で流れと施工の準備作業をアピール

  7. 山留め工事において切梁工法を採用する場合はどんな時?

  8. 乗入れ構台に乗り入れられない?計画時のチェックポイント(2)

  9. 場所打ちコンクリート杭の施工計画書の作成について(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 流動化コンクリートは不具合なしの万能薬か?管理の厳しい材料か?

    2021.03.05

  2. マスコンクリートって関係ないと思っていませんか?実は身近に…。

    2021.03.03

  3. 暑中コンクリートで生じやすい5つの問題と管理ポイントとは?

    2021.03.01

  4. 寒中コンクリートで建築工事監理指針が示す2つの技術的課題とは?

    2021.02.26

  5. 軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは?

    2021.02.24

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ