私の部下が陥りそうになった鋼矢板工法の施工計画上の問題点とは?

Sponsored Links

 

基礎のコンクリートも無事打設が完了して、
埋め戻しもある程度落ち着いてきて、鋼矢板の引抜きが始まった。

というタイミングで問題は発覚したのだ。

翌日の打合せを行っている時に、「あれっ?」と思うことがあった。
しかし、埋め戻しも途中であったので「大丈夫だろう」と深く確認しなかった。
「そのくらいの知識有るよね」と考えてしまったのが私の間違いだったのだ。

 

それは

サイレントパイラーで引き抜きを行っている時に、一部分だけ敷地の
一番奥側の近隣さんに近接した部分だけ「埋め殺し」をする計画の
付近でのことである。

当然、途中でシートパイルの引抜きが行われるために、
一度段取替えをするために、サイレントパイラーの本体を吊らないと
いけないという状況であった。

 

しかし

該当する場所へレッカーを設置するには、現在埋戻しをしている
部分だけでは作業半径が届かないため、ピット部分を一部仮に
埋戻しを行ってレッカーをサイレントパイラーに寄せる必要があった。

 

実際に、夕方に現場に行ってみると埋めなければいけないピットは
そのままになっていたので、担当の職員に確認してみると、

「いや~、このくらいだったら届くでしょ?」

と言ったので、「オイオイ」と思い一緒に事務所に戻ることにした。
そして、レッカーとサイレントパイラーのカタログと現場の図面を
引っ張り出してきて臨時の検討会を行った。

 

結局

検討会をした結果、担当職員は納得したのだが、原因としては
サイレントパイラー自体の重量が何トンもあるとは思っていなかった。

 

確かに

サイレントパイラーで山留めの施工を行っている時は、
直線部分はサイレントパイラーが自走するのでレッカーは
鋼矢板のみの重量を吊り上げれば良い。

 

すると、作業半径的には十分に足りている様に錯覚をしてしまうが、
1番重要なのは、コーナー部など、特殊な部分でサイレントパイラーを
吊り上げないといけない状況が出てくること。

しかも、5~6tという重量物の吊り上げになるので、
結構近接しないとレッカーであれば作業が出来ないということ。

 

今回は、私の経験したほんの1例に過ぎないと感じるけど、
あなたは同じ失敗をしないように気をつけて施工してね。

 

つまり

私の部下が陥りそうになった鋼矢板工法の施工計画上の問題点とは、
鋼矢板を引き抜く時の「吊り荷重」を把握しておらずに鋼矢板の引抜きが
出来なくなり現場がストップしそうになったことである。

頭の中がいっぱいいっぱいになってくると思わず大切な何かが抜けてしまう。
ということはよくあるはず。だから、事前に吊り荷重や作業半径を基に、
重機の設置位置を計画しておくことはとっても大切なことだよ。

 

更に

山留めの計画時はこちらも合わせて確認しようね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 杭工事の工程写真の撮影枚数や立会頻度はいつ決めるべきか?

  2. 仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

  3. 鉄筋のスペーサーにコンクリート強度を考慮しないと断面欠損になるか?

  4. 鋼管杭の材料検収で罠が仕掛けてあるならココ!をチェック

  5. 山留め工事を行なう上で知らないでは済まされない安全知識とは?

  6. 掘削工事を実際に施工するうえで注意すべき大原則なポイントとは?

  7. 捨てコンクリートの役目とはそもそも何なのか?5つの役目(2)

  8. 鋼管杭、H型鋼杭の継ぎ手はどのような形式が一般的なのか?

  9. 単管パイプで補強する場合は引張力に期待するか?圧縮力か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー