杭工事で電流計のデータが取得失敗したらどうする?

Sponsored Links

 

世の中で完璧なことは無い。
たとえ、万全の体制を整えていたとしても…。

私は現場においては、特にそのように感じている。

 

ちなみに

昨今の杭の偽装問題によって電流計の管理については、
非常にナーバスになっているのが現状である。

会社によっては、通常1つしか設置しない電流計を
2つ設置して、片方が故障しても問題ないような処置を
しているなど様々な対策が取られている。

 

しかし

対策を取ることはトラブルの発生確率を減らすことには
効果があるが、0にする訳ではない。

あなたの予想していない状況が起きた場合は、
トラブルになる可能性は十分にあるのだ。

 

だけど

対策を取っているから問題は起こらない。

とたかをくくっている人は案外多いと感じるよ。

 

だから

「もし、本当にトラブルになったらどうするの?」

という回答を出来ない現場の人は多いんじゃないかな?

 

もちろん

色んなパターンの不具合からのトラブルになるので、
一概には言えないのが本音だけど、私としては、

せめて施工計画書の承認に至るプロセスのなかで
設計事務所や工事監理者さんと1度議論してみることを
私は強くお勧めする。

 

かつて

厳しい工事監理者さんの人と、そのような「もしも」の
トラブルの話を議論したときに、

「そういう話題こそ本当に大切だよ」

と目をキラキラさせていた事を覚えている。

 

もしも

あなたが自分達で判断つかずに最終的にせっかく打設した杭を
抜かなければならない事態になったときに

「あー、事前に対策を講じて、誰が確認すればOKか決めておけば良かった~」

なんて後悔しても遅いからね。

 

ちなみに

杭を抜くのには、百万単位もしくはそれ以上のコストと、
機械の段取りから施工完了までにかなりの期間をロスするからね。

 

つまり

杭工事においては杭の偽装問題以降色々な対策が
なされていると感じるが、それでも完璧ではないはず。

トラブルにならないように対策を取ることも大切だけど、
トラブルになったときにどのように対応するか?の方が
実は大切だったりするので、事前に工事監理者さんを含めて
対応策を考えておこうね。

 

私の中でトラブルが起きたときに一番初めに考えるのはこちらだよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  2. 建築現場で揚重機を選択するための3つのポイントとは?

  3. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(7)

  4. ディープウェルは地下水位が高い地域ではスタンダード?

  5. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(建物の高寿命化)

  6. クレーン作業を悪天候で中止する勇気はあなたに有るか?

  7. 定着長さが配筋検査時の直すのが非常に困難な指摘事項の1つ!?

  8. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より高い場合(2)

  9. 鋼矢板が施工を苦手とする地盤は砂質層、粘土層、礫層、それとも?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ