鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計かぶり)

Sponsored Links

 

今回で4回目の「かぶり厚さの基本の「キ」」は最小かぶりと設計かぶり
についてお伝えするのだけど、以前の記事を読みたいあなたはこちら。

 

さて

本題に入っていくけど、今回は結論から先にお伝えするよ。

 

まず

最小かぶり」とは建築基準法施行令 第79条に定められた
法律上守るべき必要最低限のかぶり厚さ。

設計かぶり」とは最小かぶりを確保するために施工誤差などを
考慮して一般的に10mm余裕をみたかぶり厚さ。

 

つまり

「最小かぶり」は絶対守らないといけないかぶり厚さに対して、
「設計かぶり」は施工時点で最小かぶりを確保するための現実案。

 

だけど

なぜ設計かぶりの割増しは10mmなのだろう?

 

実は

5mmでも良いかも知れないし、逆に20mm程度必要かもしれない。
実際に現場で鉄筋を組み立てる場面を見たことある人なら想像つく
かも知れないけど、10mmの誤差なんて組立中には頻繁に発生する。

柱筋も上の方は型枠とスペーサーなどで固めないと微妙に倒れている
という場面はよくあるし、梁筋にしても組立時では曲がっていたりもする。

実際に、10mmずつの施工誤差以内に納めようとすると、
それなりにシビアに組み立てないといけないのだ。

 

けれど

こちらに設計かぶりが10mm割増しである理由をこちらの書籍で
説明しているので確認しておこうね。

引用:鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]

(2) 表3.1 で規定している各部位の設計かぶり厚さは,施工誤差の割増し10 mm を標準として見込むことによって. JASS 5 (2009 年版)の表3.3 で定められた最小かぶり厚さを下回る危険性を少なくするように, 設計時点で配慮したものである.つまり配筋後,コンクリートが打ち込まれ,硬化した状態でも施行令で定めるかぷり厚さが確保されるように,多少の安全性を見込んで定められたものである.
実際の施工において,施工誤差には次のようなものがある.

(i) 鉄筋自体の曲がり
(ii) 帯筋・あばら筋の加工を5mm単位に丸めて行う慣例
(iii) 鉄筋の加工・組立て誤差
(iv) 型枠の加工・組立て誤差
(v) バーサポート・スペーサーの製品誤差
(vi) コンクリート打込みによる変形・型枠の移動
(vii) コンクリート打込みによる鉄筋 の移動

 

だから

最小かぶりに10mm両側に足すと全体で20mmとなるので、
感覚的には製品誤差の積み重ねが5~10mmで、
施工誤差が10~15mmで合わせて20mmという所が実感かな。

それでも、気持ちは誤差0mmで施工をしないと誤差の範囲内には
収まらないと感じるので十分注意して現場を管理してね。

くれぐれも「法違反」をしないようにね。

 

つまり

今回のシリーズでお伝えしたかぶり厚さに関することをおさらいすると、

  • 鉄筋のかぶり厚さとは、建物の構造において引張力を負担する鉄筋が空気や水分などと接触して「錆」が発生しないよう為に講じるものである。
  • 建物の高寿命化と鉄筋のかぶり厚さとは因果関係があり、計画供用期間が長期や超長期の方が短期や標準よりかぶり厚さが大きい。
  • 同じ計画供用期間でも構造体と非構造体では構造体の方がかぶり厚さが大きい。
  • 同じ部位でも屋外で使用する箇所のほうが屋内の箇所よりかぶり厚さが大きくなる。
  • 同じ部位でも土に接する箇所のほうが、その他の部分よりかぶり厚さが大きくなる。
  • 耐久性上有効な仕上げがあれば、かぶり厚さを減じることが出来る。
  • 「最小かぶり」とは建築基準法施行令で定められている最低基準であり、「設計かぶり」とは現場における施工誤差や製品誤差を考慮した上で最小かぶりが確保できるように設定された値であり、一般的に最小かぶり+10mmで有ることが多い。

これらの内容をおさえておけば、基本の「キ」は大丈夫かなと感じるよ。
最終的には、現場では施工誤差も含めた「設計かぶり」が基本となるので
間違えずに覚えておこうね。

 

あっ

少し今回とは話の内容が変わるけど「誤差」といえば、
過去にこんな記事も書いたので合わせて読んでみてね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(6)

  2. 私の部下が陥りそうになった鋼矢板工法の施工計画上の問題点とは?

  3. 鉄筋の端部のフックが現場で喜ばれる場面、嫌われる場面とは?

  4. 建築現場の埋め戻しは30cmピッチ?20cmピッチ?

  5. 枠組足場に5層ごとに水平つなぎの単管パイプは必要か?

  6. 建築現場で型枠支保工用の足場を組んだ時の失敗例とは?(2)

  7. 鉄筋のあきの最小値にコンクリート粗骨材寸法が基準にある理由とは?

  8. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

  9. 地中梁の腹筋は定着すべきなのか?という問題

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ