鉄筋のかぶり厚さが確保できていれば極端に大きくても良いのか?

Sponsored Links

 

鉄筋のかぶりが不足していると建築基準法施行令違反である。

 

だったら

絶対にかぶり不足にならないくらい十分にかぶり厚さを確保すれば良い。

という考えについて、あなたはどの様に感じるかな?
今回は、かぶり厚さが過大であった場合の問題についてお伝えしよう。

 

まず

鉄筋のかぶり厚さが何故必要なのか?ついては過去に
こちらの記事などで説明しているので確認してみてね。

 

そして

そもそも鉄筋コンクリートは、圧縮力をコンクリートが主に負担して、
引張力を主に鉄筋が負担しているので、無筋コンクリートだと
ひび割れが生じやすい。

 

更に

コンクリート自体も収縮するので、自分自身が収縮することによって
部材のどこかが「引っ張られる状態」になり、ひび割れが生じやすい。

 

だから

鉄筋コンクリートの「鉄筋の役割」というのは、引張力の負担と同時に、
コンクリートのひび割れ防止の役割も担っている。

モルタルを打設する床に、ひび割れ防止用の細径のメッシュ筋を
敷き込んでおくのと同じ原理である。

 

また

耐力壁などは特に、壁厚が180、200、240などと小刻みに
数種類あるということがあるよね。

この場合の壁厚の違いは、内部の鉄筋の最外部の距離が
構造耐力に影響を与えているからである。

 

だから

壁筋のかぶり厚さを勝手に大きくすると、本来の壁筋に必要な
耐力を得ることが出来なくなる可能性があるので、
構造設計者に確認が必要だよ。

 

つまり

鉄筋のかぶり厚さが確保できていれば極端に大きくても良いのか?
という疑問に対しては「NO」である。

外周部に無筋状態の部分が厚いと、ひび割れが起きる可能性があるので
必要に応じて鉄筋で補強する必要があるから。

一般的には70mmの増打ち(実質は100mm程度)の無筋状態だと
補強する事が多いので知識として覚えておいてね。

 

そして

同じ断面積の構造部材でかぶり厚さが違うと、鉄筋の幅が変わるので、
場合によっては必要な耐力が得られない可能性があるから、
かぶり厚さを変更する場合は構造設計者に確認が必要だよ。

 

また

補強している部分については、全数でなくても工事写真として
撮影しておくことをお勧めするよ。

 

もしも

数年後に、ひび割れが発生した場合には最後は写真が頼りになるからね。
更に、工事写真については過去にこんな記事も書いているので参考にしてね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 施工計画書を現場で作成する本当の意味とは?作成するのは誰の為?

  2. 杭の余盛のコンクリートをどのように斫るか?という問題

  3. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(2)

  4. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(2)

  5. 仕上げの墨出しを任せたた場合に妥協してはいけないポイントとは?

  6. 境界際の山留めは引き抜くか?埋め殺しか?それが問題だ!

  7. 杭工事が完了して基礎工事に渡す前に確認すべきたった1つのこと

  8. 鉄筋のあきの最小値にコンクリート粗骨材寸法が基準にある理由とは?

  9. 掘削工事を実際に施工するうえで注意すべき大原則なポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 地中梁配筋時における設備業者とのトラブルNo,1事例とは?

    2019.05.27

  2. コンクリート打設中に必ずチェックすべき地中梁の配筋の乱れとは?

    2019.05.24

  3. 地中梁の配筋写真の撮り方の秘訣を伝授!

    2019.05.22

  4. 梁の主筋が納まらない時に、勝手にしてはイケない事とは?

    2019.05.20

  5. 地中梁の腹筋は定着すべきなのか?という問題

    2019.05.17

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (56)
  • 工種別の管理ポイント (316)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ