鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

Sponsored Links

 

鉄筋工事担当になった場合に管理すべきは配筋の本数や径だけではない。
鉄筋には所定の「かぶり厚さ」が規定されておりその数値を守らないといけない。

 

だけど

かぶり厚さについて質問をしても

「この数値を守っていれば良いんだよ」

と、設計図書の特記仕様書や建築工事標準仕様書の該当欄を
見せられて終わってしまうだけの場合もあるかも知れないね。

 

そこで

今回は、先輩たちにはスルーされてしまいがちな鉄筋工事の
基本の「キ」についてお伝えしていこう。

 

まず

そもそも、なぜ鉄筋には「かぶり」が必要なのか?

 

理由は

鉄筋は空気と水分と接触すると「錆(サビ)」が発生するから。
鉄筋に表面上の赤錆だけではない、錆が生じると断面欠損が
生じることにより所定の耐力が期待できなくなるから。

 

でも

鉄筋の錆とかぶり厚さはどのような関係があるのだろう?

 

確かに

鉄筋がコンクリートの中に入っていれば水分や空気と接触しないので
錆などの劣化現象が起きないというのも1つの理由である。

 

更に

コンクリート自体が強アルカリ性であることも理由としてあげられる。

かつての理科の授業を思い出して欲しいけど「酸性」と「アルカリ性」
というのがあるよね。身近なところでは化粧品や洗剤などで出てくるかな。

鉄が錆びるのは、鉄が「酸化」するのが原因なので、アルカリ性の
コンクリートの中に鉄筋がいると参加しにくいのである。

 

そして

築年数が経ったコンクリートは表面から徐々に奥に向かって「中性化」と呼ばれる
アルカリ性から中性に変化していく現象が発生して錆の進行が進むのだ。

 

だから

建物の中で引張力を負担している鉄筋が「酸化」するのを防ぐために
アルカリ性のコンクリートの中に一定の距離を保って内側に配置される
「かぶり厚さ」というのが重要になるのだ。

 

結局

鉄筋のかぶり厚さを規定通りに確保することが、鉄筋の劣化を防ぎ
建物自体を高寿命化させることに重要な役割を担っている。

今回は、そもそもかぶり厚さが何故必要か?という点についてお伝えしたので
具体的な数値を掲載してお伝えは出来ていないけど次回からの記事で
お伝えしていく予定なので合わせて確認して欲しい。

 

ちなみに

次回からの記事でお伝えしようと考えている内容は

  • 建物の高寿命化とかぶり厚さの関係
  • 最小かぶりと設計かぶりの関係
  • 部位別のかぶり厚さについて
  • かぶり厚さと仕上げの関係

を予定しているよ。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 場所打ちコンクリート杭の余盛高さを変更するメリット・デメリットとは?

  2. 契約図書と実際に施工する設計図書で実際にあった罠とは?

  3. 埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは?

  4. 埋め戻し時に余盛という概念があるということを知っているか?

  5. アースアンカー方式は近隣さんの理解の上に成り立っている工法

  6. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(メタルタグ編)

  7. 場所打ち杭の検尺って本当に当てになるのか?という疑問

  8. クレーンや工事用エレベーターを設置したら遅滞なく表示するべきもの

  9. 鉄筋の定着と継手の定義と基本的な考え方を確認しておこう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ