杭基礎の底辺のかぶり厚さはいくつ?どこから測定するの?

Sponsored Links

 

基礎のかぶりは大抵の場合は最小かぶりが60mm、
設計かぶりが70mmで外周の表面からの距離でしょ。

で終了してしまうかも知れない今回の記事。

 

あなたは一体どのように考えていますか?

「きっと、わざわざ記事にするだけあって何かあるはず!
そうでなければ、わざわざ杭基礎なんて書かないよね」

と感じたあなたは勘が鋭いですね。

 

そこで

今回は「杭基礎」の場合の鉄筋のかぶり厚さについてお伝えします。

 

まず

杭と基礎の関係ですが杭頭にキャップなどをかぶせて建物の剛性を
杭に伝えないような工法の場合を除いて、一般的には杭頭補強筋で
基礎と「剛」に接続されていますので、杭と基礎は「一体」として
考えるのが普通です。

 

しかし

当然ながら杭と基礎は施工時期が異なっていたり、
鋼管巻きの杭の場合はコンクリートと鋼管が接してします。

 

だから

杭と基礎との間に若干の隙間が生じる可能性があります。

 

すると

杭と基礎との隙間を伝って地下水などの水分が浸入してくる
可能性があるのです。

 

もしも

杭に基礎の鉄筋が接していればどうなるのでしょうか?

考えるまでもなく腐食してしまう可能性がたかいですよね。

 

だから

基礎の底部分の鉄筋のかぶり厚さは「杭の天端」より最小かぶりで60mm、
設計かぶりで70mm必要なのです。

 

また

逆を言えば、基礎の配筋を設計図通りに行おうとすれば、
必然的に杭の天端レベルが高くてはいけないのです。
杭天端レベルが高いと引張られるように基礎のベース筋のレベルが
高くなってしまい、はかま筋が基礎天端より飛び出してしまうという
恐れがあるからです。

前工程の施工の良し悪しが、次工程の品質に影響する
良い例かも知れませんね。

 

最後に

鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]」の該当部分を確認して下さい。

 

基礎と杭の接合状態は, 半固定または固定接合のいずれかを仮定して設計するのが一般的であり, 通常(a)図のように枕頭を雌礎断面内に100 mm 程度埋め込む.この場合,基礎筋のかぶり厚さは杭頭より70mm とする.固定接合の配筋の参考例を参考図9.5 に示す.基礎と杭の接合状態・納まりは設計条件に関するものであるので,設計図書に特記する.

 

つまり

杭基礎の底部のかぶり厚さは基礎底部からではなく、
杭頭の天端から70mmを確保するようにします。

 

なぜなら

杭の内部、若しくは杭の周辺に出来てしまった軽微な隙間などから
水分などが浸入することによる鉄筋の腐食などを防ぐためです。

 

すると

既製杭の杭天端のレベルが高いと基礎のかぶり厚さ不足に
なってしまう可能性があるので、杭工事の時点の品質管理を
しっかりと行う事が、実は後の工程に影響を与えているのです。

 

だから

こちらの記事を合わせて読んで杭工事に関する知識も
つけておいて下さいね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 常駐型のクレーンの計画を行う時についつい忘れがちな事とは?

  2. 溶接継手と機械式継ぎ手のメリットとデメリットとは?

  3. 建築現場で型枠支保工用の足場を組んだ時の失敗例とは?(1)

  4. 鋼管杭の回転圧入工法で杭工事の悩みを激減させる最大のメリットとは?

  5. 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(施工編)

  6. コンクリート打設計画で安全に施工する為に検討すべきものとは?

  7. 足場の風荷重の算定方法とは?(1)設計風速の算定

  8. 足場の昇降設備はタラップか?昇降階段か?それが問題だ

  9. 外部足場を計画するために考慮すべき3つのポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 地中梁であばら筋を組み立てる前に鉄筋業者に確認すべき3つの事と…

    2019.04.08

  2. 地中梁のカットオフや継手位置は本当に正しい?私のヒヤリ事例とは?

    2019.04.05

  3. 独立基礎のはかま筋は独立基礎においては実際には不要なのか?

    2019.04.03

  4. 独立基礎の基礎と地中梁は何故レベルが違うのか?

    2019.04.01

  5. 基礎と柱のかぶりが違うから私が気に入らない件とは?

    2019.03.29

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (56)
  • 工種別の管理ポイント (306)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー