基礎と柱のかぶりが違うから私が気に入らない件とは?

Sponsored Links

 

「この計画だと目一杯面積を有効に使えます」

「よし!この計画で進もう。ところで構造は納まるのかな?」

「はい、基礎を偏心させれば大丈夫です」

建物の基本計画の場面に同席しているとこのような会話を時々聞きます。
実際に、免震構造などでなければ基礎を偏心させることで構造的に
納まってしまうことが多いのが現実です。

 

では

私は一体何が気に入らないのか?

についてですが、最初に結論を言ってしまうと

「基礎を偏心させることによって柱と基礎が同面になること」

 

もう少し具体的に言うと

「柱と基礎が同面になることによる鉄筋の納まり」

が気に入らないのです。

 

例えば

基礎のかぶり厚さが70mmで、柱のかぶり厚さが50mmの場合だと、
通常考えれば基礎の鉄筋位置より柱の鉄筋位置の方が
外側に配置されることになります。

 

しかし

私の感覚からすると構造的な力の流れは、上部構造の力が最下階の柱に伝わり、
その柱から基礎へ伝わり、最終的には基礎から杭へ伝わって支持層へ伝わります。

 

だから

基礎と柱は躯体形状から判断すると基礎の中にギリギリ納まってますが

「柱の鉄筋は基礎からはみ出ているじゃないか!」

という納まりになっているのです。

 

仮に

柱と基礎が50mmずらして配置されていれば躯体も鉄筋も
何の問題もなく納めることが出来るのです。

 

だけど

冒頭の会話のやりとりの中ではその様な事まで検討されていませんけどね。
以上、私の気に入らない件でした。

 

つまり

基礎と柱のかぶりが違うから私が気に入らない件とは、
基礎と柱を同面で納めた場合に、柱の鉄筋が基礎の鉄筋より
外側に出てしまうことです。

基本的には、柱に掛かる建物の荷重は基礎が受け止めてくれる。
と言うのが力学的に正解であると私は考えていますが、
鉄筋で言えば柱の方が基礎より外側に配置されているので
いまいち納得がいかないのです。

 

更に

納得がいかないことはそのままにしておいてはダメなので、
必ず質疑にして工事監理者さんの確認はとっておきますけどね。

 

あっ!そうそう。

設計事務所への質疑の仕方について過去にこんな記事も書いているので
合わせて読むと理解が深まりますよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?

  2. 建設工事計画届の作成のポイント【表紙~工程表

  3. 施工計画書の裏側!施工フローで工事の流れを全てを記載せよ

  4. 分かれば納得!1階の墨を2階に上げる方法と注意点とは?

  5. 地中梁配筋時における設備業者とのトラブルNo,1事例とは?

  6. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(建物の高寿命化)

  7. 施工計画書の裏側!添付資料はあなどるな!検査であせった出来事とは?

  8. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

  9. 径の異なる重ね継手は「大は小を兼ねる」で良いのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  2. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  3. 柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは?

    2019.06.10

  4. 柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?

    2019.06.07

  5. 柱筋の脚部の折り曲げ長さが150である意外な理由とは?

    2019.06.05

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (57)
  • 工種別の管理ポイント (323)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ