建設現場で掘削時の湧き水を排水する場合は臨時排水の申請が必要?

Sponsored Links

 

建設現場で掘削作業を行う時に、地下水位が高い場合に
必ず検討しないといけないのが掘削時の湧き水の処理。

 

実際に

リチャージ工法で汲み上げた地下水を排出せずに
地下に返すやり方を行う以外は現実的に公共の排水施設に
放流するのが一般的である。

 

そこで

現場の地域が分流地域であれば、雨水桝や雨水側溝に流せば
全ては終了となるのだ。

当然、あなたが排出する掘削時の湧き水はノッチタンクを
くぐらせて透明な表面の水だけを放流すべきで、
間違っても泥水のまま排出してはいけないよ。

 

しかし

合流地域の場合は、同じ様には行かない。

 

なぜなら

あなたの現場がどのくらいの量の掘削時の湧き水を放流したか?
を行政に報告する義務があるから。

公共の下水道に放流する場合は、しかるべき利用料金を
支払わないといけないのである。

 

しかも

かなり一般家庭の下水道料金にくらべ割高に感じる金額を
行政に納めることになるのだ。

 

それを

「臨時排水」と呼ぶ。

 

ちなみに

臨時排水の量の報告の仕方は、私が入社した当時は
ノッチタンクの三角になっている部分の深さを計測して、
排出量に換算して報告するのが一般的だったよ。

 

だから

「良くも悪くも、深さを何cmで報告するか?」

が臨時排水の莫大な金額を左右していた。

 

しかし

悪い事を考える人の多い地域(?)から、計測方法が変化していった。全国的にどのような計測方法が多いかは分からないけどね。

その、変化した計測方法は「水道のメーター」をつけること。
そして、役所の人が立合や巡回にまわることもある。

 

つまり

誤魔化しが効かなくなった。

と言うことである。

 

でも、私も正直はじめて

「この地域は臨時排水の計測に水道のメーターを使います」

と聞いたときは

「えっ?そこまでするの?」

 

と感じたけど、同時にそれなりの地域だったので
「確かに、水道メーターくらいつけないと…」
と、考えを改めた記憶があるよ。

 

つまり

あなたの働いている現場の地域が、汚水と雨水が合流地域であれば、
掘削時の湧き水を公共の排水設備へ放流する場合は
臨時排水の申請が必要になる。

 

そこで

まずは、あなたの働いている現場が合流地域か?分流地域か?
を確認することが大切だよ。

 

また

合流地域、分流地域についてはこちらの記事を合わせて読むと
より理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 梁主筋端部に定着板を使用した場合のメリットとデメリットとは?

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

  3. 杭汚泥を自ら利用しようとする場合に役所により見解の違う事とは?

  4. 鉄筋の強度の違いは材料のどこに差があるのか?

  5. 街中の現場の杭工事において有りがちなトラブルって何?

  6. 当たり前すぎで見過ごしがち!帯筋やあぱら筋等のせん断補強筋の端部フック

  7. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

  8. 地中梁の通路足場(地足場)を何で組むのか?という悩み

  9. 既製コンクリート杭は何故ちくわの様に中が空洞なのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  2. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  3. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  4. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  5. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ