鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(1)

Sponsored Links
/* */

 

鉄筋工事を始める前には施工計画書を承認されないと
工事を始めることが出来ない。というのは知っているよね。

実際は、施工が始まってからしばらくたって後出しで
施工計画書を提出するという場面もあるかも知れないね。

設計事務所や施主にもよるけど、実際毎日忙しい現場の
施工計画書に対する本音かもしれない。

 

そこで

今回から数回にわたって鉄筋工事の施工計画書について
何故この項目が必要なのか?についてお伝えしていこう。

 

なぜなら

ただ何となく施工計画書を作成していても覚えないから。
ましてや先輩や会社の雛形を使って必要部分だけしか
変更していなかったら、現場で作業員さんや監理者さんへ

「これって施工計画書にどうやって書いてあった?」

と聞かれて全く答えられないからね。

 

しかし

各項目では、そこまで突っ込んだ話をせずに、
何故この項目が必要なのか?確認すべきポイントに絞り、
詳細については別記事で詳しく書いていこうと考えている。

 

それでは

建築工事監理指針(令和元年版上巻) [ 国土交通省大臣官房官庁営繕部 ]」に載っている17項目について
さっそく順番に説明をしていこうね。

 

1,工程表(材料,柱,壁,梁,階段, スラブ等の検査時期及び関連設備工事の期間)

 

施工計画書における工程表は工事監理者さんが、

「一体どの時期から鉄筋工事が始まって、どのタイミングで検査すべきか?」

を確認するために作るのだけど、同時にあなたがやるべき事を
把握するために作るのである。

 

例えば

鉄筋工事の始まる時期などは全体工程表を確認すれば、
どの時期にどのフロアを施工しているか?については
あなたが新入社員だとしても想像はつくはず。

 

そして

毎フロア行われる配筋検査についても記入するのは簡単なはず。
工程表に書ききれなければ注釈として欄外に記入でもしておけばよい。

 

しかし

私が本当に把握しておいて欲しいことはそういうことではない。
もっと他に2つ把握しておいて欲しいのだ。

 

1つ目は

第3者機関など現場の関係者以外が参加する配筋検査の時期。

一般的に、基礎の配筋時や2階の床(1階の躯体)から数フロアおき
で行われることが多いが、行政によって違うので必ず確認しよう。
確認申請の初めの方や、各認定を受けるなら認定を受けるまでに
やることが書かれている書類に目を通しておいておこう。

 

もしも

工事監理者さんの配筋検査を諸事情によりすっ飛ばして
コンクリートを打設してしまっても、「全部壊してやり直し」
をするケースは少ないかもしれない。

 

だけど

確認申請をおろした機関などは、

「しょうがないな~」

では絶対に済まされないので、コンクリートを壊してでも
検査の受けることの出来る状態まで戻さないといけない。
だって、所定の検査をクリアーしないと建物として認められないからね。

 

次に

あなたが鉄筋工事担当者ならしっかりと把握しておきたいのが
「材料の発注工程」である。小さな現場には必要ないが、
大きな現場であれば鉄筋の加工場に全ての鉄筋を納入出来ないので
数回に分けて納入することになる。

 

そして

鉄筋をロールで発注すると、「来週には届きます」とはならずに、
少なくとも1ヶ月以上は掛かるはず。

 

だから

次の材料の加工が始まる時期から逆算して発注時期を決めないと
いけないのだけど、実際は現場でバタバタしてついつい忘れがち
になってしまうから、あらかじめ

「7月の始めには次の材料の発注をしないといけない」

という意思を工程表へ表現しても良いと感じるよ。

今回は長丁場になりそうなので今回はおしまい。
また次回ね。

(お盆休みが有るので次回は8月16日です)

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. ハンチ付き梁のハンチ部分の定着が一般梁と異なる理由とは?

  2. コンクリート工事の品質計画・許容値を定める上で大切な物とは?

  3. 乗入れ構台を計画する前に検討するべきたった1つのこと

  4. 柱筋の脚部の折り曲げ長さが150である意外な理由とは?

  5. コンクリートの打設方法はさまざま、ポンプ車以外で打設する時とは?

  6. 足場計画図の作成に当たり足場と躯体の離れは300以下にすべきか?

  7. 型枠大工さんが、マンションの基準階(2階)の加工時で気にする事とは?

  8. 建設工事計画届の作成のポイント【杭打設計画図】

  9. 結束線、段取り筋の品質管理とかぶり厚さの問題

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 鉄骨工事の中で自然と行われている「環境的な配慮」とは?

    2023.04.10

  2. 鉄骨の製品検査に工事監理者さんを連れていくのは当たり前なのか?

    2023.04.03

  3. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.27

  4. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.20

  5. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.13

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ