既製コンクリート杭は何故ちくわの様に中が空洞なのか?

Sponsored Links

 

既製コンクリート杭はほぼ間違いなく中空の形状をしている。
言うなれば、ちくわの様な形状をしているのだ。

 

では

何故、ほぼ全ての既製コンクリート杭がちくわの様な形状を
しているだろうか?何か理由があるのだろうか?
について、今回はお伝えしていく。

 

まずは

既製コンクリート杭を製造する過程からお伝えしよう。

既製コンクリート杭のほとんどはPHC杭と呼ばれるように、
PC鋼線によってプレストレスが掛けられている杭であり、
杭の形状をした鋼製の型枠に対して、杭の両端にある金物に
PC鋼線を取付け、配筋を行った後にコンクリートを打設する。

 

ちなみに

コンクリートは丸い筒状の型枠の中に打設されるので、
当然出来上がりの製品ような中空型にはなっていなく、
コンクリートがある程度充填されている状態である。

 

ここから

既製コンクリート杭が中空になる理由が隠されている。
コンクリートを充填された杭の鋼製型枠は次の工程の機械に
運ばれて、硬化するまで「グルグル」と回転し続けるのだ。

 

実際に

杭の製作工場に行くと、かなりの騒音でグルグル回転している
製作中の杭がたくさん並んでいるのだ。

当然、回転している杭には遠心力が働くことにより
先程打設されたコンクリートは自然と外周部に集まってくる。

外周部にコンクリートが集まりながら硬化するので自然と
ちくわの様な中空のコンクリート杭になるのだ。

 

ちなみに

既製コンクリート杭の内部を覗いてみるとザラザラになっていて
ノロみたいな物が貯まっている場合も製造方法によってはある。

これらは、普段あなたがコンクリートを打設する時にあがってくる
レイタンスと同じような状態なのだ。コンクリートの密実な部分は
周囲で構成されているので端部の金物の厚み以上に密実な部分が
存在すれば構造上は問題ないはずである。

 

 

次に

実際の施工段階においてもちくわのような開放杭である理由がある。
しかし、実際にあなたが既製コンクリート杭を施工したことがあれば、
杭を沈める際に杭の中から「ドバーッ」と汚泥が溢れてくるのを
見たことがあるはず。

 

実際に

「この汚泥が散らないように蓋をしたらどうだろう?」

と杭業者に相談したこともあるが、答えは「NO」だった。

 

なぜなら

杭に蓋を付けて沈めることは、洗面器をお風呂のお湯の中に
下まで押し込むことが難しいようにかなりの圧力がかかるので
ちくわの様に杭の中側から圧力を逃しながら打設しないと、
最悪の場合は杭が壊れる可能性があるって言っていたから。

 

だから

杭を沈める時に汚泥が飛散する事は仕方ないんだね。

 

つまり

既製コンクリート杭は何故ちくわの様に中が空洞なのかについては、

杭を製作する時に遠心力を掛けて回転しながら行なうため、
中心部のコンクリートが必然的に周囲に集まるため中空の形状であり、
杭の打設時に浮力を逃がすために中空の開放杭となっているのである。

 

だから

既製コンクリート杭の打設時には、杭汚泥の飛散がいつも懸念される。
杭汚泥の飛散についてはこちらの記事を参考にしてね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 既製コンクリート杭の高止まり、低止まりに備えよう

  2. 施工計画書と施工要領書と作業手順書の違いを理解しているか?

  3. 建築現場で揚重機を選択するための3つのポイントとは?

  4. 場所打ちコンクリート杭のかご筋について検討すべき納まりとは?

  5. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

  6. 山留め工事において切梁工法を採用する場合はどんな時?

  7. 仕上げの墨出しで小部屋が多い時にありがちな失敗とは?

  8. 隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

  9. 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(施工編)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー