鋼管杭の材料検収で罠が仕掛けてあるならココ!をチェック

Sponsored Links

 

鋼管杭は工場で製作してくるから材料の品質は大丈夫だろう。

と、あなたは考えていないだろうか?

 

確かに

工場で検品された商品を納入しているのだから「間違える」
という可能性は、現場で組み立てるよりも圧倒的に少ないはず。

 

ただ

私自身の経験として鋼管杭ではないが工場から納入された
商品が「間違っていた」として大騒ぎになったことがある。

その経験を踏まえると、鋼管杭の材料検収でチェックしたいのは
「鋼種」と「厚み」であると私は考える

 

なぜなら

杭の径や長さに関しては、いつも製作している作業員さんから
すれば、パッと見れば、違いは分かるであろう。

 

そして

特に長さに関しては同じ現場で何種類も有るはずなので
注意して確認しているはずだし、現場でも長さの組み合わせは
必ず確認すると私は感じている。

 

しかし

「鋼種」に関しては、例えば発注時点で間違えていたら、
その間違えて入ってきたものが「正解」であると考えて作業するので
間違いに気づきにくいのではないだろうか?

 

実際に

私が経験したトラブルも同じような内容であったので、
現場の人間がパッと見て「おかしい」と感じるような箇所より
「鋼種」や「厚み」などの、きちんと設計図書と見比べてから
確認するような場所についてしっかりと確認すべき。だと感じる。

 

だって

毎日、色んな材料を加工している作業員さんたちは、

「この鋼種は設計図書の通りか?」

というのは確認せずに、指示書の通りにひたすら
造り続けているはず。だからね。

 

つまり

鋼管杭の材料検収で罠が仕掛けてあるならココという場所は
一見したら分からない「厚み」と「鋼種」である。

「長さ」や「径」などは実際に計らなくても何となく「オカシイ」
と気づくことが出来るかもしれない。特に工場で制作する
人の目に掛かれば、簡単に気づくことが出来るだろう。

 

しかし

測ってみたり、実際に確認しないとイケない場所は
あなたが「自分の目」で確認することはオススメするよ。

だって、制作する側は、毎日色んな種類の杭を製作していると
1つ1つ「正解」を理解していない可能性も有るからね。

 

あっ

そうそう、気づくといえば過去にこんな記事も書いったけな。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 砕石敷きで再生砕石を使用する前に仕様書で確認すべきなのは何故か?

  2. 型枠支保工の計算の不備から起きる最悪の状態とは?

  3. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

  4. 杭工事の施工の品質確保について考えて置かなければいけないこと

  5. 足場の風荷重の算定方法とは?(4)壁つなぎの検討2

  6. 場所打ちコンクリート杭の施工計画書の作成について(3)

  7. 鉄筋のフック寸法と曲げ内法寸法の基本の「キ」の話

  8. 埋設物調査を必ず実施しないといけない現場とは?

  9. 捨てコンクリートの数量が計画通りに収まらない3つの理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 毎日の雑務に追われて悲劇のヒロインに陥ってしまうという悩み

    2019.01.18

  2. 建設業で再出発をするが上手く現場運営出来るかという悩み

    2019.01.16

  3. やることが多すぎてパニックになり優先順位が混乱するという悩み

    2019.01.11

  4. 先輩によって教え方や仕事の進め方がが全く違うという悩み

    2019.01.09

  5. 現場に出ずに事務所で現場監督をする場合の悩みとは?

    2019.01.07

  1. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (49)
  • 工種別の管理ポイント (286)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー