埋め戻し時に余盛という概念があるということを知っているか?

Sponsored Links

 

実は、私はお恥ずかしながら記事ネタ探しで
建築工事監理指針を読んでいて初めて知ったのだ。

 

だから

何だちゃんと沈下するじゃないか。

と安心したのである。なんとも不勉強だった。
と言うのも、いつも埋め戻しの後に沈下すると

「埋め戻しを適当にしてたんじゃないか?」

と良く言われていたのだ。

 

ちなみに

関係の指針にはこのように書いてある。

 

埋戻し及び盛土には.土質による沈み代を見込んで余盛りを行う。余盛りの適切な標準値はなく,表3.2.7は一つの参考値であるが.これにより推定することは容易でない。通常の埋戻し(地下2階で幅1m程度)において,砂を用い十分な水締めを行う場合は50~100mm,粘性土を用い十分な締固めを行う場合100~150mm程度が余盛りの目安と考えられるが,重要な盛土では,試験により余盛りを決めるのがよい。

 

表3.2.7 余威りの参考値

土質 地山に対する容積比
堀り緩めたとき 締め固めたとき
ローム 1.25 ~ 1.35 0.85 ~ 0.95
普通土 1.20 ~ 1.30 0.85 ~ 0.95
粘土 1.20 ~ 1.45 0.90 ~ 1.00
1.10 ~ 1.20 0.95 ~ 1.00
砂混じり砂利 1.15 ~ 1.20 1.00 ~ 1.10
砂利 1.15 ~ 1.20 1.00 ~ 1.05
固結した砂利 1.25 ~ 1.45 1.10 ~ 1.30
軟岩 1.30 ~ 1.70 1.20 ~ 1.40
中硬岩 1.55 ~ 1.70 1.20 ~ 1.40
硬岩 1.70 ~ 2.00 1.30 ~ 1.50

 

引用:建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省大臣官房官庁営繕部 ]

 

そして

上記の表の興味深い所は、掘削するとどのくらい土が緩むか?
について言及がしてあることである。

 

いつも

大体の勘で話していたのだが、これからは
この表を使用して計画や打ち合わせが出来ると感じたよ。

いやいや、知らないって怖いね。

 

つまり

土工事の監理指針にも余盛りが記載されている通りに、
埋め戻しを行ったら幾分かは沈下するということを認識しよう。

 

また

記事中に記載した表は、掘削するとどの位の容積になるか?
を想定する上でも有効な表であると考えられる。

 

ちなみに

私の土工事の本音はこちら。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(1)

  2. 埋設物調査を必ず実施しないといけない現場とは?

  3. 鉄筋のスペーサーは部位ごとに事前に仕様を打合せた方が良い理由(1)

  4. 溶接金網の基本事項と私がやりがちなたった1つの失敗とは?

  5. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

  6. 仮設機材は認定品か?整備は?適用工場とは何か?

  7. 地下水位の高い現場で山留めを計画する時に留意すべき事とは?

  8. 鋼矢板で先行掘削をした時の私の犯した過去の失敗例とは?

  9. 施工計画書の裏側3!組織表とやる気の相関関係とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. コンクリート打設中に必ずチェックすべき地中梁の配筋の乱れとは?

    2019.05.24

  2. 地中梁の配筋写真の撮り方の秘訣を伝授!

    2019.05.22

  3. 梁の主筋が納まらない時に、勝手にしてはイケない事とは?

    2019.05.20

  4. 地中梁の腹筋は定着すべきなのか?という問題

    2019.05.17

  5. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例と…

    2019.05.15

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (56)
  • 工種別の管理ポイント (315)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ