施工計画書の裏側5!使用材料が違うと全てやり直しの悲劇

Sponsored Links

 

施工計画書の裏側も5回目になり、
今回から本格的な実務の内容に入っていく。

と言っても、工種別に記述をしているわけではないので、
具体的な内容では無いけれど、基本的な考えは同じ。

 

つまり

ひとことで言うと、表向きの記載内容は

「設計図書やその他の仕様書の通りに記述すること」

であり、特段の事情がなければ

「仕様以上でも以下でも不可である」

ということ。

 

だから

今回は使用材料について経験の浅い職員が作成する場合の、
私の身の回りの実情についてお伝えする。

 

まず

どこかの計画書のデータを流用して作成している場合は、
「前のデータのままの部分が無いか?」をチェックしないと、
「訂正し忘れ」な部分が多大に残っていると感じる。

 

次に

協力業者にある程度作成させている場合は、
「使用材料」と「使用場所」の関係をもう一度確認しよう。

 

なぜなら

協力業者の担当者の設計図書の読み込みが甘いと、
水回りに使ってはいけない材料の使用場所が実は水回りであったり、
設計図書とは違う仕様で、協力業者が普段使っている仕様の商品を
記載していたりすることがあるから。

 

だから

協力業者が記載してきた材料を疑って掛かることが、
本当に大切であると感じている。

 

実は

敢えてこの記事でお伝えしてるのは、施工計画書のチェックにおいて、
陥りがちな失敗の基であると感じているから。

 

それは

自分でよく理解しないままに施工計画書を作成すると、
「以前の現場で記載してあること」、「協力業者が記載してきたこと」が
「正しい」と考えてしまいがちだから。

 

だから

本当は、冷静な目で落ち着いてみると間違いに気づくような問題でも、
「正しいはず」という先入観が有るので、見落としてしまうことがある。

 

その結果

「業者さんの記入してきた通りです」

という言い訳からはじまり、最終的には全てやり直し
という最悪の結末を迎える恐れが十分にあるから。

 

最後に

大切なのは、施工中に材料の間違いに気づいても
「バレなかったらOK」という考えを絶対に起こさないこと。

もしも、竣工してから何らかの不具合が発生して発覚したら、
施工中に手直しをする数倍の手間と費用が掛かるからね。

 

つまり

施工計画書の使用材料が設計図書などの仕様と、
異なっている場合には、所定の品質が確保できないので、
全面的にやり直しになる場合が非常に高いということ。

 

だから

施工計画書にしても、施工図にしても書かれている全ての内容が、
根拠の有るものか?についてチェックすべきであると感じるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(4)

  2. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(6)

  3. コンクリート脱型後では遅い!躯体墨出しのありがちな失敗とは?

  4. 鉄骨工事計画図の作成時の3つのポイントとは?

  5. 移動式クレーンのアウトリガーをセットしたら必ず確認して欲しいこと

  6. 場所打ちコンクリート杭の品質の要!スライム処理とは?

  7. 掘削工事を実際に施工するうえで注意すべき大原則なポイントとは?

  8. 材料搬入出用の荷取りステージは張り出しか?地上から組むか?

  9. 建築現場で山留めが必要か?を判断する3つのポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー