施工計画書の裏側4!工程表で流れと施工の準備作業をアピール

Sponsored Links

 

施工計画書に記載する次の項目は「工程表」。

 

工種別こ必要な工程表は当然2種類添付する必要がある。
「全体工程」と「該当工種の工程」である。

 

つまり

全体の工程はこのようになっている内の、
この期間に今回提出する工事は行いますよ。

という周知を行うのが、工程表の役割である。

 

なぜなら

工事の内容によっては、一般常識的に始めるであろう時期と
実際の施工開始時期が大きく異なる場合があるから。

「えっ、もう○○工事始めるの?」

と、工事監理者さんに驚かれて説明をする場合もあるから。

 

だから

「もうすぐ工事を始めますよ」

というアピールには「工程表の添付」は欠かせない。

 

そして

工程表を付けることで、もう1つアピールになる場合がある。
それは、なかなか施工のスピードに合わせて決め事や施工図を
承認してくれない工事監理者さんがいる場合に必要。

 

「もう、図面承認してくれないと工事止まりますよ」

「あの質疑の回答ないと工事に入れませんよ」

と、工事監理者さんなどの決断や承認を促すのに
非常に有効なのである。

 

切羽詰まらないと中々行動を起こしてくれない人にとって、
「お尻に火をつける」絶好の機会なのである。

 

実際に

施工計画書を提出すると、未決事項を抱える工事監理者さんから

「え~。もう始めるの?じゃあ、そろそろヤバイよね」

という発言が出る場合は意外と多いので
決断や承認のスピードが遅いと感じる工事監理者さんに対して、
実際に一度は試してみる価値があると感じるよ。

 

しかし

大前提が1つだけある。

 

それは

施工計画書を工事に着手する時期に対して、
未決事項の決定についての「回答期間」が取れるくらい
余裕を持った時期に提出することである。

実は、早期に施工計画書を提出することが
工事が進捗するにつれて段々と難しくなって来るのが実情。

「早く施工計画書を提出しないと工事にかかれないよ」

と逆に言われないように、十分に注意しようね。

 

つまり

工程表を添付することで全体工程のどのタイミングで、
工事を始めるのか?を周知することが出来る。

 

更に

質疑の未決事項や施工図の承認がまだの場合は、
「そろそろ決定しないとマズいですよ」という
無言のアピールとして使用することも出来るよ。

 

更に更に

設計事務所の回答を素早く引き出すためには
こちらの記事を合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 捨てコンクリートの数量が計画通りに収まらない3つの理由とは?

  2. 杭の余掘りは1mなのか?最終掘削深さの算出時に確認すべきこと

  3. 建築現場で基礎工事時の雨上がりに確認すべき3つのこと

  4. 地下水位の高い現場をオープンカットで施工した悲劇とは?

  5. 杭工事で案外やりがちな○○の検討不足で自分の首を締めるとは?

  6. コンクリートの打設後の墨出しで距離も角度も合わない!どうする?

  7. 材料置き場の計画は現場運営のセンスが命!3つのポイントとは?

  8. 再生砕石が余ったり仮設で使用後に搬出するのは産業廃棄物か?残土か?

  9. 山留め工事を行なう上で知らないでは済まされない安全知識とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー