施工計画書の裏側4!工程表で流れと施工の準備作業をアピール

Sponsored Links

 

施工計画書に記載する次の項目は「工程表」。

 

工種別こ必要な工程表は当然2種類添付する必要がある。
「全体工程」と「該当工種の工程」である。

 

つまり

全体の工程はこのようになっている内の、
この期間に今回提出する工事は行いますよ。

という周知を行うのが、工程表の役割である。

 

なぜなら

工事の内容によっては、一般常識的に始めるであろう時期と
実際の施工開始時期が大きく異なる場合があるから。

「えっ、もう○○工事始めるの?」

と、工事監理者さんに驚かれて説明をする場合もあるから。

 

だから

「もうすぐ工事を始めますよ」

というアピールには「工程表の添付」は欠かせない。

 

そして

工程表を付けることで、もう1つアピールになる場合がある。
それは、なかなか施工のスピードに合わせて決め事や施工図を
承認してくれない工事監理者さんがいる場合に必要。

 

「もう、図面承認してくれないと工事止まりますよ」

「あの質疑の回答ないと工事に入れませんよ」

と、工事監理者さんなどの決断や承認を促すのに
非常に有効なのである。

 

切羽詰まらないと中々行動を起こしてくれない人にとって、
「お尻に火をつける」絶好の機会なのである。

 

実際に

施工計画書を提出すると、未決事項を抱える工事監理者さんから

「え~。もう始めるの?じゃあ、そろそろヤバイよね」

という発言が出る場合は意外と多いので
決断や承認のスピードが遅いと感じる工事監理者さんに対して、
実際に一度は試してみる価値があると感じるよ。

 

しかし

大前提が1つだけある。

 

それは

施工計画書を工事に着手する時期に対して、
未決事項の決定についての「回答期間」が取れるくらい
余裕を持った時期に提出することである。

実は、早期に施工計画書を提出することが
工事が進捗するにつれて段々と難しくなって来るのが実情。

「早く施工計画書を提出しないと工事にかかれないよ」

と逆に言われないように、十分に注意しようね。

 

つまり

工程表を添付することで全体工程のどのタイミングで、
工事を始めるのか?を周知することが出来る。

 

更に

質疑の未決事項や施工図の承認がまだの場合は、
「そろそろ決定しないとマズいですよ」という
無言のアピールとして使用することも出来るよ。

 

更に更に

設計事務所の回答を素早く引き出すためには
こちらの記事を合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

  2. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘密とは?

  3. 重ね継手の2つの素朴な疑問にあなたは答える事が出来ますか?

  4. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(2)

  5. 建設現場で水質汚濁防止法違反になるケースとは?

  6. 埋設物調査を必ず実施しないといけない現場とは?

  7. 主筋のかぶり厚さを一定以上取らないと起こる耐力低下とは?

  8. 仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

  9. 場所打ち杭の検尺って本当に当てになるのか?という疑問

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ