地質調査図のコンター図をどこまで信用して良いのか?

Sponsored Links

 

地質調査図はプロが作成したから正しい。

数年前までは私はそのように考えていた。
その時点まで地層が多少流れている場合でも、
杭長の変更もなく順調に工事を進めることが出来たから。

 

しかし

数年前に私自身がコンター図を書くはめになったことがある。
当然、地質調査の会社がボーリング調査をした結果を元に書くので
全くのデタラメではなく、支持層の深さを結んでいくという
単純なコンター図であった。

 

だけど

作成したコンター図を元に杭の長さを決定するので
間違えると実際の工程にもコストにも影響が出てくる。
すると、流れている地層を一様に片流れに描いて良いのか?
それとも、違う形状なのかが分からないのだ。

 

具体的には

30mの水平距離で、支持層が32mと36mだったら
中間地点は、単純に34mで良いのか?それとも、
限りなく32mに近いか?逆に36mに近いか?

どのようにコンター図を書くか次第で、既製杭の発注が大きく変わる。

 

そこで

地質調査のプロに聞いてみたら、返ってきた回答は

「今までの経験を基にした『勘』です」

とのことだった。

 

結局、地下何mという状態を自由に見て回ることが出来ないので、
「経験」と「勘」にある程度頼らざるを得ないのは
理解できる。だから、「確実に大丈夫」とは言えないらしい。

 

だからと言って、設計図の杭長にケチは付けられないが
支持層が流れている場合は追加で試験堀を行うように
設計者や工事監理者などと相談することをオススメするよ。
既製杭の場合は、杭長に変更が出ると工程にも大きく
影響を及ぼすからね。

 

これは

今まで全く疑っていなかったものも、実は間違っている
可能性はあると、私自身が身をもって体験して感じたことだよ。

 

つまり

地質調査図のコンター図をどこまで信用して良いのか
については、地質のプロが作成しているので大きくは
違っていないとは感じるが、支持層が流れている場合は、
本当にコンター図に記載された位置で変化しているのか?
は実際のところは誰にも分からないのが実情。

 

だから

支持層が流れている場合は追加で試験堀を行うように
設計者や工事監理者などと相談することをオススメするよ。
既製杭の場合は、杭長に変更が出ると工程にも大きく
影響を及ぼすからね。

 

そして

支持層が予想より変わってしまった場合は、
こちらの記事を参考にしてね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 建築現場で斫り墨を出す前に検討すべき3つのポイントとは?

  2. 山留め際にレッカーを据えることが出来るか?構造計算と上載荷重

  3. 鉄筋のかぶり厚が足らないと起こりうる建物崩壊につながる問題とは?

  4. 場所打ち杭の検尺って本当に当てになるのか?という疑問

  5. ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは?

  6. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(2)

  7. クレーン作業を悪天候で中止する勇気はあなたに有るか?

  8. スペーサーの防錆処理とかぶりと仕上げの問題について

  9. 施工計画書の裏側2!一般事項で宣言すべき○○とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ