地下水位が床付け深さより高い地盤の掘削時の注意ポイントとは?

Sponsored Links

 

掘削をする上で重要なのは、「地質」と「地下水位」である。

その中でも地下水位が高い砂質土の地盤って掘削すると本当に崩壊しやすい。
例えば、雨が降ったり水中ポンプが止まったりしただけでも、
あれよあれよと見る見るうちにいたる所が崩れていく。

 

だから

地下水位が床付面より高い所の掘削工事においては、
出来るだけ崩壊を出来るだけ防ぐために、
安定勾配(45度)で掘削させることが多い。

 

更に

ピットなどで一部分だけ深い場所や試掘などを行う場合には、
つぼ掘り(一箇所だけ深く掘り下げる)の様な状態になる事が、
一番危険であると感じる。

 

なぜなら

地下水が湧き出てくると、その影響でどんどん土が削られていくから。
しかも、急激に深さが違う場所に関しては、
どうしても法面の角度が急になりやすいからである。

 

すると

そのうち地下水によって削られた地盤は、
オーバーハング状態といって、地表面が水泳の飛び込み台のように
突き出た状態になってしまう可能性が高い。

当然の様に、突き出た部分に関しては崩壊の危険性が非常に高く、
特に、試験掘りなどをしていると、掘削先の状況を確認したいために、
法肩ギリギリまで行きたいという気持ちが大きくなり、

同時に、事故の危険が非常に高くなる。

 

しかも

法面が崩壊して一緒に巻き込まれたりすると、
死亡事故や重大事故につながりやすいので、
同様の状況に遭遇したら、周囲の地面の亀裂に目を配りながら、
一刻も早く、オーバーハング状態を解消するようにしようね。

 

ちなみに

試掘時でオーバーハング状態になって、
1番危険なのは「元請職員」だからね。

 

つまり

地下水位が床付け深さより高い地盤の掘削時の注意ポイントとは、
「地盤の崩壊」である。特に、砂質土でつぼ掘りの様な状態であると、
知らないうちに地下水で削られていき、オーバーハング状態になり、
周囲にいる人ごと崩落してしまう可能性が有るので十分注意して欲しい。

 

特に

梅雨時期などの雨の比較的多い時期には、
ある朝現場に来たら掘削の裏面が崩れていた。
ということが良く有るので注意して欲しい。

 

だから

事故が起きる前に、危険な所を見抜く力が非常に大切。
もしも、危険な箇所を見つけても何も言わなければ同罪だよ。
詳しくはこちらの記事を参考にしてね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 杭の剛接と半剛接って何?実は、現場の苦労は大違いの理由とは?

  2. 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(施工編)

  3. 建築現場で水替えの労力を劇的に減らすための考え方とは?

  4. 基礎のベース筋の立上りの注意すべき配筋写真の撮影ポイントとは?

  5. 埋め戻し時に余盛という概念があるということを知っているか?

  6. 知っておいて損はない杭工事の選定の3つのポイントとは?

  7. 枠組足場の組み立て時に建枠を抱かせると生じる隙間とは?

  8. 建築現場で家屋調査を省略した結果の悲劇とは?

  9. 施工計画書の裏側!工事概要って工種ごとに記載する必要あるか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  2. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  3. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  4. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  5. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ