杭工事の工程写真の撮影枚数や立会頻度はいつ決めるべきか?

Sponsored Links

 

杭工事でどのように工事写真を撮るのか?

というのは、工法毎に違うし、施主や設計事務所、
更にはどんな工事監理者さんが担当になるかで違う。

 

そして

最近は、杭の偽装問題のお陰で管理がよりいっそう厳しくなっている。
だから、今までと同じ様に工事写真を撮影していると、施工結果報告書の時点で

「えっ、○○の写真これだけ?」

と言われたりするのである。

 

しかし

時すでに遅しなので、トラブルを避ける為には、
あらかじめ撮影計画を施工計画書に添付して、
承認を得ておく事が非常に効果的。

 

そこで

一口に写真を撮ると言っても様々なパターンがあるはず。

 

例えば

  • 工事監理者さんが立ち会って撮影するもの
  • 現場の職員が立ち会って撮影するもの
  • 特に立ち会って撮影しなくてもよいもの
  • 全数撮影すべきもの
  • 全体の一定割合で撮影していればよいもの

などである。

 

具体的には

個人的には

  • 杭芯のセット状況
  • 支持層の到達状況
  • 継ぎ手の施工状況

は、後々のトラブルのために全数撮影すべきと考える。

 

そして

管理杭の工程写真は、全体の5%程度で全杭種あれば
十分なのではと感じるが、設計事務所や工事監理者の
考え方もあるので、事前に確認した方がよいのだ。

 

しかし

実際には、撮影頻度を事前に決めずにただ何となく撮影したり、
予定した頻度で撮影が出来ていなかったり、抜けてたりする。

 

そして

最後の施工結果報告書の時点で上司に怒られる人を見るが、
私が一番厄介だと感じているのが、役所や第三者機関の検査で

「あれっ、杭の写真はこれだけですか?」

「他に確認できる資料有りますか?」

と聞かれること。

 

結局

上司も、工事監理者さんも建物を造るという上では身内。
しかし、検査する立場の人間が「この現場は良くない」
と判断すると、その後の検査まで影響する事があるから。

 

だから

何事も最初が肝心だよ。

 

つまり

杭工事の工程写真の撮影枚数や立会頻度はいつ決めるべきか
については、施工計画書の提出時に「写真撮影計画」
をしっかりと記載して、最初の試験杭の時に改めて
工事監理者さんと確認しておくことをオススメする。

 

なぜなら

杭の写真はさ後から撮り直しが効かないし、
杭も地中深く埋まっているので目視できないから。

「後悔先に立たず」だよ。

 

ちなみに、施工計画書については、こちらを参考にしてね。

↓  ↓  ↓

Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 山留め工事を行なう上で知らないでは済まされない安全知識とは?

  2. 揚重計画は現場を運営する上で最重要ポイントであるという理由

  3. 場所打ちコンクリート杭で品質上問題になる4つのポイントとは?(1)

  4. 場所打ち杭の検尺って本当に当てになるのか?という疑問

  5. 階段の墨出しが出来れば一人前!目からウロコの考え方とは?

  6. 足場の計画を行う場合にジャッキベースの高さでの失敗例とは?

  7. 鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(3)

  8. 杭頭補強筋を溶接する前にやっておくべきたった1つのこと。

  9. 建築現場の仮囲いのゲートを設置する時に失敗したと感じた3事例

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー