施工計画書を現場で作成する本当の意味とは?作成するのは誰の為?

Sponsored Links

 

施工計画書って何のために作成するの?

と聞くと、

  • 各工事を良い品質で作るため
  • 安全な施工方法であるか確認するため
  • 適切な材料が使用されているか確認するため

などなどの回答が出てくると感じるよ。

 

しかし

施工計画書は誰のために作成しているの?

と聞くとあなたは誰のためと答える。

  • あなたのため?
  • 工事監理者のため?
  • 協力業者のため?

さあどれかな?

 

結局

言い分は色いろあるかも知れないけど、
私は、あなたの為であり、工事監理者の為であり、
協力業者の為であると感じている。

 

なぜなら

施工計画書は、基本的には元請けが作成する。
工事の内容によっては、協力業者が作成した物に
表紙だけ差し替えて提出するものもあるかも知れない。

 

でも

あなたがまず理解していなければ、
現場で実際に作業していることが「正しい」か「間違っているか」
を判断することが出来ないから。

 

更に

工事監理者へは、元請けとして「施工計画書のやり方」で
工事を進めますよ。良いですか?という確認を取るべきだし、
協力業者にも、この現場はこういうやり方で行くよ。
ということをアピールする必要がある。

 

もしも

あなたも、工事監理者も、協力業者も
良く理解していないまま工事を進めてしまうと、
現場で間違ったやり方で工事を進めていても、
誰も気づかないという最悪の事態を招きかねない。

 

そこで

何かしらのトラブルが発生したらどうなると思う?

 

きっと

「私は聞いていない」

「そんな指示はしていない」

「信用していたからチェックまではしてない」

「普段と違う所は個別に説明しないと分からない」

という醜い責任逃れ発言のオンパレードに
なってしまう確率は非常に高いよ。

 

最終的に

責任の所在は「あなた」になる可能性が
最も高いとも私は感じている。

そのくらい、元請けの責任は重大だよ。

 

つまり

施工計画書を現場で作成する本当の意味とは、

  • 工事監理者
  • 元請け
  • 協力業者

がそれぞれ、しっかり理解するために作成する。

 

だから

どこかの部署が分からないまま施工していると
現場の施工中にミスを見つけ出すことも出来ない。

 

結局

現場は、あらゆる立場の人が1つのゴールに向かって
進んでいる状態が一番良い物が出来ると私は感じている。

 

だけど

チェックをしていてもどうのようにチェックをすると良いか
わからない人もいると感じるので、今後は各項目ごとに
本音で解説していくよ。

 

そして

最終的にこちらの力が身につくことを私は願っているよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(1)

  2. 杭頭補強筋を溶接する前にやっておくべきたった1つのこと。

  3. 場所打ちコンクリート杭で品質上問題になる4つのポイントとは?(1)

  4. 建築現場で斫り墨を出す前に検討すべき3つのポイントとは?

  5. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  6. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(3)

  7. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(公称直径、断面積編)

  8. 施工計画書の裏側!検査方法で重要なのは合格基準?それとも?

  9. 移動式クレーンを手配する前に確認したいアウトリガーの形状とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー