根切り計画図を作成する上での3つのチェックポイントとは?

Sponsored Links

 

根切り計画図って作成する時は、
何に気をつければ良いのか?

何でもはじめて計画するときって、分からないことだらけで、
中々進まないと感じるので今回は最初の基本的な考え方をお伝えする。

 

まずは

躯体と法尻の余掘りをどのくらいの数値で設定するか?

についてだけど、基本的に私は500mm取るようにしている。
大体500mmあれば、法尻からの勾配でそれ以上の作業の幅が
確保するので作業自体に支障はないはず。

 

しかし

全て一律で500mmということではなくて、
膝くらいの段差の部分であれば300mm位しか取らないこともあるし、
山留め壁との際の部分は、法面の勾配がないので状況にもよるが、
1000mmくらいとっておくと作業効率が良い。

 

次に

法面の勾配だけど、以下の表を参考にすると簡単。

 

地 山 の 土 質 切土高 勾配
硬 岩 1 : 0.3~ 1 : 0.8
軟 岩 1 : 0.5~ 1 : 1.2
密実でない粒度分布の悪いもの 1 : 1.5~
砂 質 土 

 

密実なもの 5m以下 1 : 0.8~ 1 : 1.0
5~10m 1 : 1.0~ 1 : 1.2
密実でないもの 5m以下 1 : 1.0~ 1 : 1.2
5~10m 1 : 1.2~ 1 : 1.5
砂利または
岩塊まじりの砂質土
密実なもの、または粒度分布のよいもの 10m以下 1 : 0.8~ 1 : 1.0
10~15m 1 : 1.0~ 1 : 1.2
密実でないもの、または粒度分布の悪いもの 10m以下 1 : 1.0~ 1 : 1.2
10~15m 1 : 1.2~ 1 : 1.5
粘 性 土 1 : 0.8~ 1 : 1.0
岩塊または玉石まじりの粘性土 5m以下 1 : 1.0~ 1 : 1.2
5~10m 1 : 1.2~ 1 : 1.5

 
koubai

 
引用:建築工事監理指針(平成25年版上巻) [ 国土交通省 ]

 

最後に

エレベーターピットなど段差が大きな部分で法面で対応すると、
他の部分の施工に支障の出る部分については、簡易土留
計画することが大切。

簡易土留は300mm~500mm位の段差であれば、
単管パイプを300~400mmピッチに挿入して、
ベニアで土留めをするものがコストと手間がかからないけど、
鋼製の埋め殺しの型枠を代用したりもする。

 

あっ

根切り計画図を作成する上で、最初にすべき一番大切なことを忘れていた。
それは、掘削深さ毎に色分けをした図面を作成すること。
そうしないと、段差の大きい部分や小さい部分ってわからないからね。

色の情報は、文字の情報よりもあなたの頭の中に入りやすいので、
「色分け」という手法はメチャメチャ効果あるよ。

 

そして

 

最後に1つ。現場で作成する計画図はどれでも同じだけど、
「実際の作業の状況をイメージすること」がとっても大事。
どんなに立派な計画図が出来ても、実際に作業できなければ
ハッキリ言って一円の価値もないからね。

 

つまり

根切り計画図を作成する上での3つのチェックポイントとは、

  1. 適切な余掘りを設定する
  2. 地質に応じた法面勾配の設定する
  3. 段差の大きな部分は簡易土留を計画する

 

そして

もう1つ大切なのは、突然の雨などで土砂が崩壊するか?
を常に意識しておこうね。この記事みたいになったら大変だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(7)

  2. 建設工事計画届の作成のポイント【総合仮設計画図】

  3. アースドリル工法の掘削孔壁は崩壊していないのか?を確認する方法とは?

  4. 施工計画書と施工要領書と作業手順書の違いを理解しているか?

  5. 鉄筋の強度の違いは材料のどこに差があるのか?

  6. 捨てコンクリートの役目とはそもそも何なのか?5つの役目(2)

  7. 防湿層は埋め戻してから敷けば良いのか?断熱材を割らずに敷くには?

  8. 捨てコンクリートの数量が計画通りに収まらない3つの理由とは?

  9. 捨てコンクリートはまとめて打設するべきか?それとも?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 鉄筋の位置がズレたときに台直しをしても良い場合の条件とは?

    2018.08.10

  2. 鉄筋コンクリートに優しくない用途とかぶり厚さの考え方について

    2018.08.08

  3. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

    2018.08.06

  4. 2名死亡の事故と3名軽症の事故、どっちが重大災害なのか?

    2018.08.03

  5. 【明日は我が身】現場で火災を防ぐ誰でも出来る3つのステップとは…

    2018.08.01

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (42)
  • 工種別の管理ポイント (269)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (8)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー