杭の余掘りは1mなのか?最終掘削深さの算出時に確認すべきこと

Sponsored Links

 

既製杭を施工する時には気を付けておかなければ
いけないポイントがいくつかあるのだけど、
その中でも「最終掘削深度」の確認がある。

 

もしも

あなたが既製コンクリート杭を施工したことがあるなら
最終掘削深度と杭の先端の関係はどうだった?

 

ここで

メーカーの仕様によるのだけど一般的には、
杭の先端+1mというのが多いかな?と感じるよ。

 

しかし

メーカーの仕様によっては杭の先端と最終掘削深度が
同じ場合の工法もあるので要注意なのだ。

 

杭の先端と最終掘削深度が同じなら杭を挿入中に
何らかの石などが落下してしまうと「高止まり」
になってしまうのでは?と言う懸念がある。

が、メーカーの仕様なら仕方無い。

 

ついでに

杭の先端の余堀の話を杭屋さんとしていたときに、
余堀の深さが50cmだったか忘れたけど、それより
少なくなると建物の荷重で杭が破損する恐れがある。

と言うような事を言っていたので、杭のレベルの許容値。
特に、低止まりの許容値を確認しておいた方が良い。

 

当然、余堀の無い工法の場合は、低止まりも無いし、
杭が下がってしまうから。と言って杭打機が杭をくわえて
しばらく吊っておくということも理論的には無いはず。

現実はそうは上手くいかない場合もあるけどね。

今度自分で既製コンクリート杭の現場があれば、
色々確認してみると良いよ。

 

つまり

杭の最終掘削深度は杭の先端から1mというのが一般的だが
メーカーの工法によっては、最終掘削深度は杭先端と同じ工法もある。
だから、今までの経験を鵜呑みにしてしまうとトラブルの原因となる
可能性があるの注意しておいて欲しい。

 

更に

杭先端と最終掘削深度の距離は、建物の荷重がかかってきた場合に
距離が短いと、杭先端が破壊されてしまう危険性がある。
そこで、杭の低止まりが発生した場合に、どのくらいの許容値があるか?
を事前に確認することをお勧めしておくよ。

 

更に更に

今回の記事の内容を踏まえて施工計画書を作成すると
非常に効果的なので、こちらの記事も合わせて確認しておこうね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 杭工事で重要な管理項目の1つである杭芯のずれはいつ確認する?(2)

  2. コンクリート強度確認の大原則は非現実的だという現実とは?

  3. 梁筋のカットオフ位置は、なぜ下端筋の方が5d長いのか?

  4. 地中梁の通路足場(地足場)を何で組むのか?という悩み

  5. 建築現場で材料置き場を見れば業者のレベルが分かるという理由

  6. 明渠・暗渠は意外に便利。水の原理を利用して効率化するコツ

  7. 小梁が芯ズレした時は連続端にすべきか?それとも?

  8. 柱のフープ筋に溶接閉鎖型フープをわざわざ使用する理由とは?

  9. スペーサーの防錆処理とかぶりと仕上げの問題について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 生コン工場へコンクリートを発注するときに伝えるべき内容とは?

    2020.09.18

  2. 生コン工場があなたの希望通りに選べない協同組合制度とは?

    2020.09.16

  3. コンクリート内の塩化物が嫌われる理由と、含有量を引上げる要因と…

    2020.09.14

  4. コンクリートの配合で1番重要なのは水セメント比!?

    2020.09.11

  5. コンクリートに空気を混ぜることによって得られるメリットとは?

    2020.09.09

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ