街中の現場の杭工事において有りがちなトラブルって何?

Sponsored Links

 

杭工事を行う場合には色々気をつけておかないといけない
注意すべきポイントがある。

 

例えば

杭の材料が現場の搬入街で道路上に停車していたら渋滞になるとか、
機械の騒音や振動が多くて近隣さんからクレームが来るなどあるが、
そういう類のクレームは杭工事で無くても発生する。

そういう中で杭工事に関するものと言えば「泥の飛散」が考えられる。
杭打機の掘削するロッド部分に付着した泥が高所から飛散する
可能性が非常に高いのだ。

 

また、現場内にある杭汚泥なども重機で移動させている時に
場外へ飛散する場合も考えられる。

 

そこで

仮囲いの上にブルーシートなどを設置して飛散防止したり、
杭打ち機のロッドを引き上げる時に高圧洗浄機で清掃したり、
いろんな対策を講じている。

 

すると

確かに、一定の効果はあると考えられる、特に地上部分に存在する
杭汚泥については仮囲いのかさ上げ効果は得られるだろう。

 

しかし

同時に防ぎきれないのがロッド部分からの杭汚泥の落下である。
特に既製杭の場合の方が可能性は高い。

 

もしも

高圧洗浄機で清掃しても完全に泥が取りきれる訳ではないので
残った泥が落ちる可能性というのは残念ながら0にはならない。

 

そして

仮に100%泥を清掃しきったとしても厄介なのが洗浄した「泥水」が
飛散をしてしまうということである。こればっかりは防ぎようがない。

泥のように誰の目にも見える被害にはならないが、付近の車などは
明らかに泥が散ったように一目瞭然の状態になるから。

 

ここで

私が一番言いたいことは、仮囲いのかさ上げや、高圧洗浄などを
行うことで安心ということでは無いということ。

 

いつトラブルが起きても良いように備えをしておくこと。
例えば、駐車場などの車へは飛散防止のシートを掛けたり、
ガードマンを手配して危険なタイミングで歩行者を迂回させたり、
時には作業のタイミングを考慮することも必要かもね。

 

つまり

街中の現場の杭工事において有りがちなトラブルとは、
杭の汚泥が車や、歩行者に散ったというトラブルである。

 

もちろん

仮囲いより更に高くシート養生を行ったり、
近接する駐車場の車にシートを掛けて保護したりするけど、
空中に舞っている細かな泥を完全に防ぐまでには至らない。

時には、ガードマンを立たせて作業を一時的に中断することも
必要かも知れないね。

 

そして

最終的にモノを言うのが近隣さんとのコミニュケーション能力。
クレームがたとえ来たとしても最終的に仲良くなるコツもあるからね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(6)

  2. 配筋検査の時期と内容について伝えておくべきこととは?(1)

  3. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(公称直径、断面積編)

  4. ロングスパンエレベーターのステージについて計画時に検討すべき内容

  5. 架空電線が建築現場の施工計画に及ぼす影響とは?

  6. 柱や梁の出隅部分の端部にフックが必要な理由と隠れた気配りとは?

  7. 鉄筋のスペーサーは縦向きか?横向きか?充填性と強度の矛盾について

  8. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(8)

  9. 足場の風荷重の算定方法とは?(3)壁つなぎの検討

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー