図面の内容を最速で理解するにはどのように毎日を過ごせば良いのか?

Sponsored Links

 

チンプンカンプンの図面を理解するには、
どのような方法を取れば良いのだろう?

 

忙しい毎日に追われて過ごしていると図面と向き合う時間が取れない。
このまま年月が経ってしまうと何時までたっても図面が分からない。
一体どうすれば図面を理解することが出来るのだろう?

あなたにはそんな悩みは無いかな?

 

Sさんからの質問 前回質問に答えて頂きありがとございました。
教えていただいた事を生かして頑張っています。
今回の質問なんですが
図面を全て把握するにはどうしたらいいか
ご教授ください
現在は常に図面を持ち歩いてます
141755

ここから回答

Sさん。
おはようございます。

TMです。
お問い合わせありがとうございます。

早速回答しますね。

現場に図面を持参しているのであれば、一番効果的な方法は「現場を歩いている場合に疑問に思った所で立ち止まる」ということです。

Sさんの毎日が忙しくてバタバタしているであろうという事は想像に固くありませんが、それでも敢えて時間を作って図面と現場とを向き合う。という姿勢が非常に大切ですよ。

ちなみに、時間の作り方は私はこのように実践しています。

↓  ↓  ↓

 

そこで、一番のポイントは「疑問に思うか?」が最大のポイントですね。

Sさんが、疑問に思うために効果的なシチュエーションの例としては、工事写真を撮る時があげられますね。

 

例えば、
「この配筋の納まりは図面のどこに書かれているのか?」
「定着の長さや取り合い部分の詳細はどうしてそうなっているのか?」
「仕上げの厚さや、仕様は図面のどの部分に書かれているのか?」

をしっかりと確認してから写真を撮影するということは非常に効果的です。何事も、「ただ何となく」こなしていくか、「1つ1つ確認して」こなしていくかで3年後のSさんの能力は雲泥の差になりますよ。

 

あとは、次の仕上げが取り付く部分を図面とにらめっこすると、図面の納まりと仕上がりのイメージが理解しやすいですよ。

「この躯体の、ここの欠きこみの部分にサッシが納まるのか?」
「何で、ここに段差が出来ているのだろう?」
「ここの躯体仕上がったら、どのラインまで前に出てくるのかな?」

という感じかな。

 

すると、次の工種が入ってきた時に、何も事前に確認しない場合に比べて、圧倒的に「興味を持って」次工程の作業を確認することができるようになるのです。一種の予習と同じ効果があります。

このように、1度現場で図面を確認しながら見てみると理解が深まるという経験をすると、どんどん理解が深まって行きますよ。

以上で回答は終わりです。

 

もしも

分からない所や更に質問があれば、
お気軽に返信をして下さい。

 

—- ここまで —-

 

結局

重要なのは「図面は現場で実際に造って行くために欠かせないもの」
であり、図面の結果として現場が出来上がっているということ。

簡単に言うと

全ての答えは現場に行けば分かる。

 

だから

いかにして、図面の内容と現場の状況を結び付けることが出来るか?
が、図面を理解していくには本当に重要だよ。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 経験豊富な職人さんとの話し方は、上から言った方が良いのか?

  2. 「先輩の姿を見て学べ」は新入社員にとっては悩み以外の何物でもない!?

  3. 入社前に聞いていた話と違う場合は今すぐ辞めるべきですか?という悩み

  4. 図面担当と現場担当の打合せがカギである理由とは?

  5. 会社の上げた利益は株主に還元されるけど社員には還元されない怒り

  6. 初めて現場代理人に選任されたがやり遂げる事が出来るのか?という悩み

  7. 建築現場の図面はどんなものがあるのか?

  8. お問い合わせ時の最低限のマナーとお願い

  9. 製作図をチェックする能力の差がでるポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー