建設会社入社までに準備しておく知識や技能は何ですか?という悩み

Sponsored Links

 

入社前の不安は絶大。
しかも、激務と言われる現場監督ならなおさら。

あなたは学生時代にどのような準備をして入社に望んだかな?
そして、これから建設業界に入ってくるあなたは何を準備しておくべきかな?

そんな、お悩みが来たのでシェアしておくよ。

 

Aさんからの質問  

今年、地方のゼネコンで施工管理職の内定を頂いている者です。これから卒業設計などの学校行事がありすが、入社する前に現場監督をする上でしておくと良いことなど教えて頂けると助かります。

141755

 

ここから回答

Aさん
こんばんは。

TMです。
お問い合わせありがとうございます。

これから卒業設計などの学校行事がありすが、入社する前に現場監督をする上でしておくと良いことなど教えて頂けると助かります。

入社前に学ぶ姿勢は素晴らしい。

ここだけの話だけど、私は会社に入る前に一切何も準備していなかった。そして、実際に入社後に大学の知識がめちゃくちゃ役に立ったと感じたことは余り無かった。

 

でも、これから卒業設計があるのなら是非チャレンジして欲しいことがある。それは、私の大学生の時の低い意識からなる苦い経験から、せっかくお問い合わせをしてくれた高い意識を持つAさんには、より良い経験をして欲しいからである。

 

それは、課題を行っていく上で「実際の建物を限りなくイメージして欲しい」ということ。

 

かつて、大学生のころの私は製図の課題の時に、パースに色を塗るときも何となく色を塗っていた。

しかし、発表の時に、教授から

「パースの外壁の素材は何?」

「これだけの大空間はどんな架構形式をイメージしているの?」

と矢継ぎ早に質問をされて適当にしか答えられなかった自分がいて、恥ずかしい思いをした記憶がある。

正直、素材や架構形式なんて全く考えていなかったよ。

 

しかし

Aさんには、今後実際に建物を作っていくと言う仕事が待ち受けている。それは、模型を作るように決して簡単には行かない仕事であることも事実。

 

だから

素材1つについても、昔の私のようにただ何となくではなく、きちんと特性などを調べて設計してみてはいかがだろうか?

 

更に、ガラスを使うにしても、1枚でどのくらいのサイズまでいけるのか?なんて考えながらサッシの方立てのピッチを決めてみても良いよね。

そのように、今からAさんが卒業までに行っていく事を、実際の建物をよりイメージしていくと、理解が何10倍にもなると感じるよ。
最後に

大学生にあって社会人に無いものは圧倒的な時間。

だから、学びも遊びも悔いのないように精一杯楽しんで欲しいと強く感じているよ。

それでは、回答はこれで終わりますが、不明な所や追加の質問があれば、遠慮なく返信して欲しい。そして、このメールが無事に届いた報告を頂けると非常に嬉しいよ。

 

— 回答ここまで —

 

私が開催している無料講座の初級編は、
これから建設業界のみにとどまらず、
社会人になる人向けの内容も実は多く含めている。

社会人として心得ておくべきスキルについても
いろいろ解説しているので、良かったら参加してみてね。

↓  ↓  ↓

TMの現場監督無料講座(初級編)

  • コメント: 2
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. TMが評価する人と評価しない人のほんの少しの差とは?

  2. 建築現場は週休2日制!?会社の募集要項に記されていたのは本当か?

  3. 足場などの仮設材の拾い方(積算方法)が分からないという悩み

  4. 現場で持病などで体調が悪化したらどうするか?という悩み

  5. 現場監督の仕事内容【作業終了時の5つのチェックポイント】

  6. 職人さんと上手に付き合い、順調に進めるためのコツは?という悩み

  7. 新入社員でやるべきことは何ですか?という悩み

  8. 試験勉強で陥りがちな挫折してしまうパターンの人の特徴とは?

  9. 工事写真を撮影する場合に若手職員によく見られる3つの間違いとは?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. こういうコンテンツが、昔もあったらよかったなぁ、なんて思いながら読んでいました。
    これから建設業界へと足を踏み入れる方にとっては最高の御指南ですね!

    • コメントありがとうございます。

      こういう温かいコメントは今後の励みなります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー