鉄筋のスペーサーは縦向きか?横向きか?充填性と強度の矛盾について

Sponsored Links

 

梁側のスペーサーってあなたはどこに設置させるかな?

つける可能性のある場所としては、あばら筋(スタラップ)と腹筋
だけど、腹筋に取り付けると回答する人が多いのかな、と感じる。

 

なぜなら

鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]」にこの様な記載があるから。

 

( 3) プラスチック製
現在の市販品には種々の形状や寸法のパーサポート・スペーサーがあるが,安定性,剛性,強度,耐火性に欠けるものが多く, 本指針では, 梁一柱・基礎梁・壁および地下外壁のスペーサーは側面のみプラスチック製でもよいものとした.プラスチック製のバーサポート・スペーサーにも所要の性能を望みたい.

写真5.3 に示すようなドーナツ形のスペーサーは, コンクリートの充填性を考慮して縦向きに使うことを原則とする.

 

 

 

ここで

今回の議題に関係する重要な部分は「コンクリートの充填性」
という文言であり、コンクリートの打設時にスペーサーが邪魔して
ジャンカや空隙が出来て充填不良になってしまうことを懸念している。

 

だけど

私は1つだけあなたに考えてほしいことがある。
それは、縦向きに設置することでスペーサーとしての「機能」
を十分に果たすことが出来るのか?という疑問についてだ。

 

 

具体的には

梁側のスペーサーを縦向きに設置するためには、腹筋に対して
設置する必要があるのだが、腹筋は通常あばら筋(スタラップ)
の内側に配筋されているため、梁側の外側から強い力が加わると
結束線がちぎれて腹筋が外れてしまう可能性があるのだ。

 

逆に

あばら筋(スタラップ)にスペーサーを設置すると、横向きになるため
コンクリートの充填性は損なわれるが、梁側に対する外部からの力に
対してはあばら筋自体で対抗できるため、スペーサーとしての本来の
役目を達成することが出来る。

 

ここで

私の言いたいことは、縦向きを否定しているわけでは全く無い。
それよりも、言われるがままに何も考えずに縦向きにしていることが
問題であり、実際にどのような力が加わって対抗することが出来るか?
という原理原則を理解して施工をしてほしいということである。

 

そこで

どうしても梁側のスペーサーを縦向きにするのであれば、
梁筋のかたよりなどで左右にずれた場合の補正は、別に
コンクリート製のブロックを型枠とあばら筋の間に設置する。
という方法もある。

 

また

横向きにする場合は、ドーナツ型ではコンクリートの充填性に
悪影響が生じると考えるのであれば、こちらのスペーサーを
使用するように提案するのも1つの手だよね。

 

 

ちなみに

柱においては、柱のフープ筋にドーナツ型のスペーサーを
取り付ければ「縦向き」かつ「強度が確保できる」ので問題ない。

どちらかと言えば、壁筋の場合は、それぞれの部位で考え方が
違うので一概には言えないけど耐力壁などは縦筋が最外部に
配置されている場合は、梁側と同様になるので気をつけて欲しい。

 

つまり

鉄筋のスペーサーの向きに関しては、コンクリートの充填性と
外部からの応力に対応出来るのか?という複数の観点を持って
総合的に今の現場では何が最適か。を考えて欲しいな。

 

あっそうそう、

そう言えば、過去に工事監理者さんから聞いた話だけど、
とある大手の建設会社の現場監督さんが

「社内基準で縦向きって決まっているんです」

と、設計かぶりが50の梁側に対して50のサイズのスペーサーを
腹筋に取り付けている現場があったそうだけど

「どうせ付けるなら50じゃなくて60じゃない?…」

もしかしたら、横向きにつけていたスペーサーを縦向きに
無理やり変えさせただけだったかも知れないね…。

 

たとえ、作業員さんへ言いにくいことがあっても
しっかりと伝えないといけない時は伝えないとね。
もしも、あなたが不安に感じるならこちらも合わせて読んでね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 足場計画図の作成に当たり足場と躯体の離れは300以下にすべきか?

  2. 杭の余盛のコンクリートをどのように斫るか?という問題

  3. 鉄筋とコンクリートの強度の組み合わせとバランスの関係とは?

  4. 足場の風荷重の算定方法とは?(1)設計風速の算定

  5. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

  6. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(6)

  7. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

  8. 分かれば納得!1階の墨を2階に上げる方法と注意点とは?

  9. 基礎・地中梁の段差の多い箇所の測量で実践したあるアイデアとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー