スペーサーの防錆処理とかぶりと仕上げの問題について

Sponsored Links

 

スペーサーは型枠などに直接触れていているが、同時に
鉄筋を型枠から適切な距離を確保するために使用する。

 

だから

もしもスペーサーが錆びてしまったらコンクリート表面に
錆が現れてトラブルの原因となるのは間違いない。

言うならば、型枠を所定の幅として確保するセパレーター
の端部が錆びてしまうのと同じで使用場所によって
どのような種類を選定するか検討が必要になる。

 

だから

合成樹脂製のスペーサーはともかく、鋼製のスペーサーは
接地面になんらかの「防錆処理」がしてあるものがほとんどである。

 

例えば

鋼製のスペーサーの接地面に樹脂製のキャップを被せてあったり
樹脂製の塗料がほどこしてあったりする。

 

そして

以前の記事にも書いたけれどもスラブのスペーサーは
合成樹脂製のものを使用してはいけないとされている。

 

だけど

私は個人的にバルコニー天井などで等間隔の錆跡を
見たことがあるのは、鋼製のスペーサーからの「錆」で
あることは容易に想像できるために、同様のトラブルを
防ぐためには何らかの検討が必要になってくると感じるよ。

 

逆に

仕上げで天井を貼るタイプのコンクリートスラブについては
プラスチックキャップや防錆塗料処理で錆びることがないから
十分有用であるはずなので、仕様からすると鋼製を使用しても
全く問題は発生しないと感じるよ。

 

だから

様々な仕上げの状態によって適切に使い分けるほうが
私は非常に効果的だと感じているけどね。

その場合は合わせてスペーサーのピッチについても
合わせて確認をとることをオススメするよ。

 

最後に

建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」の該当部分を確認しておこう。

 

(d)「標仕」5.3.3では。型枠に接する部分に防錆処理を行ったスペーサーを使用することにしている。

なお, 防錆処理されたスペーサーには, 次のようなものがある。

(1)「標仕」表14.2.2 のC種(JIS H 8641(溶融亜鉛めっき)で2種 DZ35)以上の防錆処理したもの。ただし,海岸等腐食が激しいところで使用する場合には
検討が必要である。
(2) 鋼製のものにプラスチックコーティング又はプラスチックパイプを挿入したもの。

(f)一般に使用されているスペーサーを表5.3.2 に示す。
このほかに,梁底,基礎底等に使用するコンクリート製のスペーサーがある。
なお,モルタル製のスペーサーは,強度及び耐久性が十分でないおそれがあるの
で使用しない。

表5.3.2 スペーサー

使用場所 壁,柱,梁 スラブ
合成樹脂裝
鋼製

( 注) スラブには合成樹脂製のものは使用しない。

 

つまり

スペーサーの防錆処理とかぶりと仕上げの問題については、
スラブのスペーサーは「合成樹脂製のものは使用しない」
と建築工事監理指針にあるが、仕上げが直仕上げで
左官によってサンダー掛けを行うような場合は数年後に
「錆」となって不具合が露呈する場合があるということ。

 

だから

使用場所とピッチをあらかじめ工事監理者さんと打ち合わせて
不具合を無くす努力をしたり、最悪の場合はあなたの身を守るために
「協議した議事録」を残すことはトラブル対応として非常に大切だよ。

 

あっ

トラブルと言えばこちらも合わせて確認しておこうね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. クレーンの定格総荷重と吊り荷重は同じと考えても良いのか?

  2. 既製コンクリート杭の中詰めコンクリート用の蓋は必要か?

  3. 建築現場で斫り墨を出す前に検討すべき3つのポイントとは?

  4. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(10)

  5. 杭工事で案外やりがちな○○の検討不足で自分の首を締めるとは?

  6. 場所打ちコンクリート杭の余盛高さを変更するメリット・デメリットとは?

  7. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(1)

  8. 基礎・地中梁の段差の多い箇所の測量で実践したあるアイデアとは?

  9. 場所打ちコンクリート杭の施工計画書の作成について(3)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 会社からの壮絶なパワハラで退社したいという悩みと対処法とは?

    2018.06.01

  2. 結束線、段取り筋の品質管理とかぶり厚さの問題

    2018.05.30

  3. 鉄筋のかぶり厚さが確保できていれば極端に大きくても良いのか?

    2018.05.28

  4. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計…

    2018.05.25

  5. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

    2018.05.23

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (42)
  • 工種別の管理ポイント (266)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (8)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー