鉄筋のスペーサーは部位ごとに事前に仕様を打合せた方が良い理由(1)

Sponsored Links

 

鉄筋を適正なかぶり厚さを確保して組み立てるのに欠かせないのが
「スペーサー」だよね。

 

では

あなたはスペーサーをどのくらい管理しているかな?

 

もしかしたら

「スペーサーの種類、大きさ、色まで全て指示しているよ」

という人もいれば

「スペーサーなんて鉄筋屋さんが適切に管理するものでしょ」

という人もいると感じるよ。

 

なぜなら

何を隠そう私も、最近は前者の方が良いと分かっているけど、
会社に入って何年も何年も後者の考え方だったからね。
実際に、スペーサーの管理まで余裕は無かったし、意識も無かったよ。

 

だから

今回は、もしも、あなたがかつての自分と同じ考え方を
していたのであれば少し考えて欲しいという意味を込めてお伝えする。

 

まず

建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」のスペーサーに該当する
部分を読んでみて欲しい。

 

スペーサーは, 鉄筋のかぷり厚さを保つために極めて重要なものであり, 使用部
位や所要かぶり厚さに応じて, スペーサーの材種や形状・サイズを使い分けること
が大切である。

(b) 市販のスペーサーは, 鋼製,合成樹脂製等があるが,「標仕」で, スラブのスペーサーを原則として鋼製としているのは, コンクリート打込み時の鉄筋の脱落等を考慮したためである。

(c) 断熱材打込み部では, 普通のスペーサーでは断熱材にくい込み。かぷり厚さの確保が難しいので, めり込み防止の付いた専用スペーサーを用いる。

(d ) 下端が打放し仕上げとなる場合のスラブ用スペーサーは, 露出面が大きくならないようなものを使用する。また, インサート類の見え掛りとなる部分には調合ペイ
ント又は錆止め塗料を塗り付けるよう「標仕」6.8.6(c) で規定されている。

 

ここまで読んでみて「色々書いてあるな」と感じたかな?

 

そこで

あなたに1つ質問がある。

あなたの現場のスラブのスペーサーは「鋼製」かな?

先程の文面を見ると「スラブのスペーサーは原則として鋼製」とある。

当然、現場の状況によって変わるけど普通の型枠の在来スラブなら
何も指示しなければ、合成樹脂製のスペーサーが多いのでは?
と私は感じている。

 

具体的には

下端筋のスペーサーには「サイコロ」と呼ばれる30×40位のサイズ、
上端筋のスペーサーには「タワー」と呼ばれる背の高いサイズが使われていないかな。

 

なぜなら

まず、最大の理由は「価格が安いから」だろうね。

通常、鉄筋のスペーサーは鉄筋屋さんが負担するので、
1円でも安い材料を使いたいのが基本だよね。

 

そして

安価なわりには使い勝手も良く、強度も支障のない程度はある。

 

更に

コンクリートとの接触面が仮に露出面だとしても「錆」
の心配がないのはメリットだと感じるよ。

鋼製のスペーサーだと、防錆処理がいくらしてあっても、
左官さんがサンダー掛けをすると、金属面が露出してしまう
危険性があるからね。

数年後に、バルコニーの天井に等間隔で錆が出たなんて
クレームを受けるのは嫌だからね。

 

だけど

もしも、あなたが事前にスラブのスペーサーに合成樹脂製を
使用する事を施工計画書などで記載していなければ、

建築工事標準仕様書や建築工事監理指針などの基準とは
違う仕様を勝手にやってしまっている。

という風に受け取られても仕方ないよね。

 

だから

あなたの立場を守る意味でも、事前にスペーサーの種類を
打合せておくことは重要だよ。

 

そして

続きは次回にするので楽しみにしておいてね。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 埋設物調査を必ず実施しないといけない現場とは?

  2. 独立基礎の基礎と地中梁は何故レベルが違うのか?

  3. 鉄筋の加工で熱曲げ加工やアーク溶接をしてはイケない理由とは?(1)

  4. 移動式クレーンを手配する前に確認したいアウトリガーの形状とは?

  5. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(5)

  6. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例とは?(1)

  7. 柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

  8. 杭汚泥を自ら利用しようとする場合に役所により見解の違う事とは?

  9. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. コンクリート打設中に必ずチェックすべき地中梁の配筋の乱れとは?

    2019.05.24

  2. 地中梁の配筋写真の撮り方の秘訣を伝授!

    2019.05.22

  3. 梁の主筋が納まらない時に、勝手にしてはイケない事とは?

    2019.05.20

  4. 地中梁の腹筋は定着すべきなのか?という問題

    2019.05.17

  5. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例と…

    2019.05.15

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (56)
  • 工種別の管理ポイント (315)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ