高強度せん断補強筋の加工間違いは現場で直す事が出来るか?

Sponsored Links

 

誰でも間違いはある!当然私にも…。

という事で、今回は高強度せん断補強筋の加工間違いの場合の
対処方法についてお伝えする。

 

ここで

あなたなら一体どうするかな?

  • 多少の間違いならそのまま進めてしまう
  • 現場で修正するように無理やり頼む
  • 誰かのせいにして知らんぷりをする
  • 業者に何とかしてくれと頼み込む

などなど様々な対応があるよね。

 

そこで

今回は高強度せん断補強筋の発注を間違えた時に、
最も早く修正できそうな「現場での修正」が可能か?
についてお伝えしていこう。

 

まずは

実際に現場で修正というものが出来るのか?
という点だけど、実際はかなり難しい。

何が難しいのかというと、鉄筋自体が高強度なため
切断したり、曲げたりが現場では難しいのである。

やって出来ないことは無いのかも知れないが、
大抵の鉄筋業者は「勘弁してくれ」と断るだろう。

 

次は

そもそも現場での加工・修正というものが認められているのか?
という点だけど、実際には「現場での加工は認められていない」。

 

具体的には

高強度せん断補強筋というのは、「認定工場で製作」された
ものしか実際に認められていないので、現場での加工・修正は
認められていないと「建築工事監理指針」で決められているから。

 

だから

もしも、あなたが高強度せん断補強筋の発注を間違えてしまった時は、
悩むことなく「再発注」の指示を取ることが最善の策だよ。
そして、「最短日時」で現場に届くことをお願いするしか無いよね。

 

最後に

建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」にておさらいをしておこうね。

 

 

鉄筋の折曲げ形状・寸法は,指定性能評価機関の審査を受けて評定等の技術評価を収得した設計施工指針に従う。

(2) 鉄筋の切断や折曲げ,閉鎖形筋の溶接等の加工は,上記の設設計施工指針が対象とする製造工場又は加工工場で行う。その他の作業場や現場では,高強度せん断
補強筋の加工を行ってはならない。

 

つまり

高強度せん断補強筋の加工間違いは現場で直す事が出来るか
については、認定工場以外での加工は行ってはならないのが正解。
建築工事監理指針にも規定してあるので発注時にはよく気をつけてね。

そもそも、固くて切断・加工できないという意見もあるからね。

 

あっ、そうそう。

図面トラブルに関しては過去にこんな記事も書いているので
合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 建設工事計画届の安全衛生管理計画で記載すべき内容とは?

  2. 「鉄筋のあき」と「鉄筋間隔」の違いを明確に答えることが出来るか?

  3. アースドリル工法の掘削孔壁は崩壊していないのか?を確認する方法とは?

  4. 杭材料を信じるな!思い込みが産んだ危機一髪な出来事(2)

  5. 既製コンクリート杭の溶接継手で一番大切だと教えられたこととは?

  6. 自立式山留め工法の特徴と注意すべきポイントとは?

  7. クレーンや工事用エレベーターを設置したら遅滞なく表示するべきもの

  8. ロングスパンエレベーターの前養生について個人的に感じること

  9. 錆びた鉄筋の表面状態でコンクリートが打設可能なのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー