建設工事計画届の作成のポイント【表紙~工程表

Sponsored Links

 

建設工事計画届の作成のポイントについて、
今回より数回に分けてお伝えしていく。

毎日連続だと、飽きてしまうので、
数日続けて、違う話題を書いてという感じにしていくつもり。

 

まずは

建設工事計画届の最初は「表紙」の作成からだよ。
表紙は、工事名や工事概要などの情報を入力していけば
良いのでそこまで難しいとは感じないけど、「ん?」と感じるのが

「常時使用する労働者数」

常時使用するってどういう事?

 

とあなたは感じるかもしれない。
元請けの人数は何となく分かるはずだけど、
作業員の人数は、1日の最高人数を見越して書けばいいの?

と迷ってしまうかもしれないけど、実際は工期を通しての
「作業員の平均人数」を書けば良い。

 

だから

ピーク時に100人来ようと、200人来ようと、
最初のうちは10人位で進むのであれば、
平均したら40人くらいかな?

みたいなイメージなのである。
「ある意味、適当の当てずっぽう」なのかもしれない。

 

では

何故、常時使用する労働者数があるのかというと、
「統括安全衛生責任者」を定める必要があるか?
などの現場の規模に判断されるため。

 

だから

30,50,100人などという数字はボーダーラインだけど、
その他の35人か40人か?何て本当はどうでも良いこと。
どっちも30人以上50人未満なのだから。

そんなイメージで考えてみると分かりやすいと感じるよ。

 

更に

建設工事計画届のはじめの方は、

  1. 工事概要
  2. 案内図
  3. 設計図(平立断程度)
  4. 工程表

を必ず作成するけど、現場の人間には当たり前すぎて
必要ない情報だけど、労働基準監督署の人にとっては
かなり必要な情報であると感じる。

 

実際に

過去に、私の現場に労働基準監督署の人が臨検で来た時に、
事務所で現場の工事概要を説明していると、おもむろに計画届を
出してきて、「どれどれ…」とページをめくっていった。

 

その時にチラッと見ると、

案内図の所に何やらメモが書いてあったし、
工事概要のところにも何やら書き込みがしてあったよ。

 

実際に

現場に行くには、どのように行けばよいのか?
確認してメモをしていたかもしれないし、

工事概要や設計図で「どのくらいの規模の現場か?」
「臨検」で廻るリストにあげるべき物件か?
今のタイミングでは大体どのような状態なのか?

などを確認して、臨検などのリストアップをしているかも
知れないな。と感じた事を覚えているよ。

 

だから

工事の概略を書いておくことで、
あなたが感じている以上に、労働基準監督署の人に
とっては役に立っているかも知れないね。

 

つまり

建設工事計画届の

  1. 工事概要
  2. 案内図
  3. 設計図(平立断程度)
  4. 工程表

については、

労働基準監督署の人が現場の状況を把握する為にある。
特に、「臨検」の時期なんかでは、どのくらいまで進捗していて
見に行く価値が有るのか?判断しているかも知れないよ。

まあ、私としては、あんまり臨検に来て欲しいとは思わないの
だけれども、書類の最初の印象は良いほうが良いと感じるので、
いつも手を抜かずに作成しているよ。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 建物位置の縄張りを行なうことで確認できる3つの事とは

  2. 複数本並んだ長尺物を継ぎ足す場合の原理原則とは?

  3. 杭工事で案外やりがちな○○の検討不足で自分の首を締めるとは?

  4. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(8)

  5. 杭基礎の底辺のかぶり厚さはいくつ?どこから測定するの?

  6. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

  7. 鋼管杭の回転圧入工法で杭工事の悩みを激減させる最大のメリットとは?

  8. 杭のかご筋を組み立てる時に鉄筋組立ですぐに溶接したがるか?

  9. 鉄筋のフック寸法と曲げ内法寸法の基本の「キ」の話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ