梁主筋の納まりでアンカーが密集している場合に確認すべき事は?

Sponsored Links
/* */

 

建物の隅の柱や柱や梁の寸法が違うものが取り付く部分などは、
他の部分に比べて梁筋がアンカー納まりとなっている可能性が高いです。

 

また

アンカー納まりになっている柱内は、梁主筋を通して納めている
場合に比べて非常にゴチャゴチャしてしますよね。

 

そこで

今回はゴチャゴチャしている柱内の納まりのなかで、
これだけは押さえておくべき!というポイントをお伝えします。

 

なぜなら

今回のポイントは配筋検査時に指摘されても「修正困難」
になることが、あらかじめ分かっているからです。

 

そして

事前に図面上でチェックすることで、トラブルを未然に防ぐことが可能なので、
少なくとも「ヤバそう」という1ヶ所は是非とも検討して欲しいからです。

 

そのポイントとは

「梁のアンカーの水平投影距離が設計図書の仕様を満たしているか?」

 

具体的には

設計図書によって違いがありますが、大抵の場合は梁のアンカー筋は
柱幅の3/4若しくは80%以上の水平投影距離を求められる事が多いです。

一方向からしかアンカーがない場合は柱のフープ筋のギリギリまで
梁筋を奥まで設置すれば問題になることも少ないでしょう。

 

しかし

梁筋が2段筋であったり、2方向からアンカー筋がくると
他の鉄筋が干渉して当初予定している位置より柱の奥より
手前側にアンカーの位置が納まらざるを得ない場合があるのです。

 

しかも

梁のアンカー部の水平投影距離については配筋が進めば進むほど、
修正が困難になってしまうことは言うまでもありませんよね。

修正するなら梁主筋を並べた瞬間か、そもそも配筋する前に
事前に検討しておくしか無いですね。

 

つまり

梁主筋の納まりでアンカーが密集している場合に確認すべき事は
アンカー同士が干渉して柱断面3/4若しくは柱断面の80%などと
定められている梁筋のアンカーに対する折り曲げ位置の奥行寸法を
確保することが難しくなるということです。

 

そして

先程のアンカーの折り曲げ位置はコンクリート打設前の
配筋検査で指摘されても即座に対応が難しい内容でもあります。

 

だから

アンカーが密集していそうな柱の内部を1か所でも良いので
事前し検討しておくことをオススメしますよ。

 

あっ、そうそう。

こちらの指摘も後から修正が困難なので合わせて確認して
現場での「ヒヤッ」とすることを1つでも減らして
おくことを私はオススメしますよ。

↓ ↓ ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(6)

  2. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

  3. 荷受構台で忘れてはいけない3つのポイントとは?

  4. ダンプの白ナンバーは違法?緑ナンバーを使うべき理由とは?

  5. 杭の剛接と半剛接って何?実は、現場の苦労は大違いの理由とは?

  6. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

  7. 鉄筋コンクリートに優しくない用途とかぶり厚さの考え方について

  8. アースアンカー方式は近隣さんの理解の上に成り立っている工法

  9. 捨てコンクリートの役目とはそもそも何なのか?5つの役目(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 流動化コンクリートは不具合なしの万能薬か?管理の厳しい材料か?

    2021.03.05

  2. マスコンクリートって関係ないと思っていませんか?実は身近に…。

    2021.03.03

  3. 暑中コンクリートで生じやすい5つの問題と管理ポイントとは?

    2021.03.01

  4. 寒中コンクリートで建築工事監理指針が示す2つの技術的課題とは?

    2021.02.26

  5. 軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは?

    2021.02.24

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ