梁筋のカットオフ位置は、なぜ下端筋の方が5d長いのか?

Sponsored Links

 

梁のカットオフ筋ってイメージついていますか?
不安なあなたはこちらの記事をご確認下さい。
もしかすると、

「読んでおいて良かった!!」

と思える日がくるかも知れませんからね。

↓ ↓ ↓

 

さて

話を本題に戻して、今回のテーマは

「なぜ、梁筋のカットオフ位置は下端筋の方が5d長いのか?」

についてお伝えしていきます。

 

まず

こちらを見て下さい。

 

 

この図をみると、梁の全長のうちL/4のあたりで応力の正負が
入れ替わっているのが分かりますよね。

 

つまり

梁の全長のうちL/4辺りが応力的には一番負担が少なく、
かつ上端筋と下端筋の役割も変わるため、カットオフ筋も
応力の正負が変化する位置まで有れば良いと言うことになります。

 

ここで

なぜ、L/4「付近か?」という事は説明しましたが、
実際は「ぴったり」ではありません。15~20d分の余裕があります。

これが、今回のテーマです。

「そんなものは、一応余裕をみているだけだよ!」

と何処かからヤジが聞こえて来ましたね。

 

確かに

計算上はクリアをしていても、実際の現場を知っている人は
ギリギリの数値には絶対にしませんよね。
必ず「施工誤差」を考慮した設計になるはずです。
よって、先ほどのヤジは「正解」です。

 

しかし

それでは、「L/4ちょうどではない」という説明にはなりますが、
「下端筋の方が5d長い」という理由にはなりませんね。

 

それは

実を言うと、先ほどの図にはL/4の辺りは「ちょうど0」ではありません。
若干ながら「正の曲げモーメント」が残る場合があります。
その為に、「余裕」をみてカットオフ筋の止める位置を決めています。
これが、「下端筋の方が長い」理由の1つです。

 

それから

実際に建物として使用される場合に「荷重の偏り」が生じることにより、
設計時に想定していた荷重条件とことなる場合もあるかも知れませんね。
その場合でもトラブルが生じないように、梁の中央部の下端筋が「引張力」
に耐えやすいように若干長めに設定してあります。

 

更には

私自身もこの記事を書くまではお恥ずかしいながら知らなかったのですが、

柱の内法面より離れた位置で下端筋を止めると,
梁下端にひび割れを生ずる危険性がある

という性質があるみたいなので、カットオフ下端筋を上端筋よりも
長めに取ることで不必要なひび割れの抑止に努めているみたいです。

 

最後に

鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]」の該当部分を確認して下さい。

P.214

(a)の梁端部および中央部の境界は,柱面から梁内法寸法 l0の1/4 の位置とする.端部カットオフ筋はl0/4 点から中央へ向かって15dの余長をとり,中央下端のカットオフ筋は端部へ向かって20dの余長をとって止める.中央下端筋のカットオフ筋余長を端部上端のカットオフ筋より5d 長くした理由は,解説図9.4 (c-1) のように梁中央部の正曲げモーメントに対し,端部から1/4点は若干の正曲げモーメントが残る場合があることや,柱の内法面より離れた位置で下端筋を止めると,梁下端にひび割れを生ずる危険性があること,積載荷重の偏りによる応力変動,さらに施工誤差を考慮したことによる.

解説図9.4 梁の曲げモーメント応力図

 

つまり

梁筋のカットオフ位置はなぜL/4ちょうどでは無いのかについては、

  • 梁中央部の正曲げモーメントに対し,端部から1/4点は若干の正曲げモーメントが残る場合があるから
  • 柱の内法面より離れた位置で下端筋を止めると,梁下端にひび割れを生ずる危険性があるから
  • 積載荷重の偏りによる応力変動も考慮する必要があるから
  • 施工誤差を考慮する必要があるから

という理由があるからです。

 

実際に

よく分からないまま施工していたけど、

「えっ、そんなに考えられていたの!?」

と感じてしまうこともありますよね。
ちなみに、こんな事知ってました?

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 鉄筋の加工で熱曲げ加工やアーク溶接をしてはイケない理由とは?(1)

  2. 自立式山留め工法の特徴と注意すべきポイントとは?

  3. ダンプの白ナンバーは違法?緑ナンバーを使うべき理由とは?

  4. 鉄筋を「継ぐ」にも等級があった!一般的なガス圧接継手の等級は?

  5. 鉄骨工事計画図の作成時の3つのポイントとは?

  6. 柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

  7. 複数本並んだ長尺物を継ぎ足す場合の原理原則とは?

  8. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(1)

  9. 鋼管杭の材料検収で罠が仕掛けてあるならココ!をチェック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 梁主筋の継手を端部に設けてはイケない理由とは?

    2020.01.22

  2. 連続梁筋の柱内定着をアンカー納まりにする3つデメリットとは?

    2020.01.20

  3. ハンチ付き梁のハンチ部分の定着が一般梁と異なる理由とは?

    2020.01.17

  4. 梁の下端筋の端部の定着が曲げ下げでなく原則曲げ上げの理由とは?

    2020.01.15

  5. 梁主筋の納まりでアンカーが密集している場合に確認すべき事は?

    2020.01.10

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (332)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (9)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ