鋼管杭、H型鋼杭の継ぎ手はどのような形式が一般的なのか?

Sponsored Links

 

鋼管杭やH型鋼杭の場合は一体どのように継いでいくのか?

経験していれば簡単だけど、建設業界では経験していないと
全く想像もつかないことが本当に山ほどあるよね。

 

だから

今回は鋼管杭やH型鋼杭などの鋼杭の継ぎ手についてお伝えする。

 

まずは

鋼管杭だけど「溶接継ぎ手」が一般的である。

 

鉄と鉄をつなぎ合わせるのは昔から「溶接」がよく用いられ
比較的に手軽に色々な製品に用いられている。

まさしく、鋼管の端部に「開先」を設けて処理を行えば、
無限に鋼管を継ぎ足すことが出来るのである。

 

更に

杭頭付近で杭が水平力を受ける場合は、鋼管の厚みが
上部数mのみ厚くなる場合もあるが、既製コンクリート杭など
と比べて比較的軽量な鋼管杭は、それぞれの杭を現場でなく
製作工場の方で事前に溶接を行なうことが出来れば、
現場での省力化、効率化に貢献することが出来る。

 

しかし

溶接継ぎ手にもデメリットはあり、溶接は天候に左右されやすい。

 

特に

梅雨時期の施工となれば、思ったより施工の出来ない日々があり、
イライラしてしまう毎日を過ごしてしまうかもしれないね。

 

次に

H型鋼杭の場合だけど、こちらは「高力ボルト継ぎ手」が一般的。

 

なぜなら

溶接継ぎ手に比べて、専門的な技量を必要としないので
比較的経験の浅い作業員でも施工が可能であるから。

 

更に

天候に左右される事なく施工できるし、コストも遜色ないはず。
であれば、ボルト接合以外に選択肢はないと感じるよね。

 

では

鋼管杭の場合で「ボルト継ぎ手」はどうなのか?については
既製コンクリート杭の「溶接継ぎ手」「機械式継ぎ手」について
書いた記事がこちらにあるので参照して欲しい。

↓  ↓  ↓

 

つまり

鋼管杭の継ぎ手はどのような形式が一般的なのかについては

  • 鋼管杭の場合は溶接継ぎ手
  • H型鋼杭の場合は高力ボルト継ぎ手

が一般的である。

 

そして

鋼管杭の場合で鋼材の厚みが違うなどで、杭の構成が分かれて
いる場合でも、鋼管杭は比較的他の種類の杭と比較して軽量なので
工場で溶接を行っておき、現場での手間を軽減することも可能。

ちなみに

杭の溶接継ぎ手についてはこちらで記事にしているので
合わせて読めばより理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

 

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 自立式山留め工法において変位の管理が最重要である理由とは?

  2. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  3. 溶接継手と機械式継ぎ手のメリットとデメリットとは?

  4. 根切り計画図を作成する上での3つのチェックポイントとは?

  5. 建築現場で山留めが必要か?を判断する3つのポイントとは?

  6. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(2)

  7. 杭工事の工程写真の撮影枚数や立会頻度はいつ決めるべきか?

  8. 耐圧盤やピット構造の基礎形式で山留の切梁が邪魔な場合は?

  9. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例とは?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ