鋼管杭、H型鋼杭の継ぎ手はどのような形式が一般的なのか?

Sponsored Links
/* */

 

鋼管杭やH型鋼杭の場合は一体どのように継いでいくのか?

経験していれば簡単だけど、建設業界では経験していないと
全く想像もつかないことが本当に山ほどあるよね。

 

だから

今回は鋼管杭やH型鋼杭などの鋼杭の継ぎ手についてお伝えする。

 

まずは

鋼管杭だけど「溶接継ぎ手」が一般的である。

 

鉄と鉄をつなぎ合わせるのは昔から「溶接」がよく用いられ
比較的に手軽に色々な製品に用いられている。

まさしく、鋼管の端部に「開先」を設けて処理を行えば、
無限に鋼管を継ぎ足すことが出来るのである。

 

更に

杭頭付近で杭が水平力を受ける場合は、鋼管の厚みが
上部数mのみ厚くなる場合もあるが、既製コンクリート杭など
と比べて比較的軽量な鋼管杭は、それぞれの杭を現場でなく
製作工場の方で事前に溶接を行なうことが出来れば、
現場での省力化、効率化に貢献することが出来る。

 

しかし

溶接継ぎ手にもデメリットはあり、溶接は天候に左右されやすい。

 

特に

梅雨時期の施工となれば、思ったより施工の出来ない日々があり、
イライラしてしまう毎日を過ごしてしまうかもしれないね。

 

次に

H型鋼杭の場合だけど、こちらは「高力ボルト継ぎ手」が一般的。

 

なぜなら

溶接継ぎ手に比べて、専門的な技量を必要としないので
比較的経験の浅い作業員でも施工が可能であるから。

 

更に

天候に左右される事なく施工できるし、コストも遜色ないはず。
であれば、ボルト接合以外に選択肢はないと感じるよね。

 

では

鋼管杭の場合で「ボルト継ぎ手」はどうなのか?については
既製コンクリート杭の「溶接継ぎ手」「機械式継ぎ手」について
書いた記事がこちらにあるので参照して欲しい。

↓  ↓  ↓

 

つまり

鋼管杭の継ぎ手はどのような形式が一般的なのかについては

  • 鋼管杭の場合は溶接継ぎ手
  • H型鋼杭の場合は高力ボルト継ぎ手

が一般的である。

 

そして

鋼管杭の場合で鋼材の厚みが違うなどで、杭の構成が分かれて
いる場合でも、鋼管杭は比較的他の種類の杭と比較して軽量なので
工場で溶接を行っておき、現場での手間を軽減することも可能。

ちなみに

杭の溶接継ぎ手についてはこちらで記事にしているので
合わせて読めばより理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

 

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 杭頭補強のパイルスタッド、NCPアンカー、中詰め補強筋工法について

  2. 暑中コンクリートで生じやすい5つの問題と管理ポイントとは?

  3. 鋼矢板で先行掘削をした時の私の犯した過去の失敗例とは?

  4. 鉄筋の機械式継手の種類と採用の基準は一体何なのか?

  5. 鉄筋材料を役所の数量以上に発注していないというトラブルの原因とは?

  6. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

  7. 梁の下端筋の端部の定着が曲げ下げでなく原則曲げ上げの理由とは?

  8. 鉄筋のスペーサーのピッチと注意事項を理解しておこう

  9. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 流動化コンクリートは不具合なしの万能薬か?管理の厳しい材料か?

    2021.03.05

  2. マスコンクリートって関係ないと思っていませんか?実は身近に…。

    2021.03.03

  3. 暑中コンクリートで生じやすい5つの問題と管理ポイントとは?

    2021.03.01

  4. 寒中コンクリートで建築工事監理指針が示す2つの技術的課題とは?

    2021.02.26

  5. 軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは?

    2021.02.24

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ