鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(3)

Sponsored Links

 

前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち
2~4項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。

今回は続きからお伝えするよ。

 

5,荷札の照合と提出時期(ラベル,鉄筋のマーク等の確認方法)

 

前の項のミルシートは、大切だけど実は「現物」を確認していない。
書類上、品質的に仕様通りの材料が納入されましたよ。
と言っているだけ。

 

そこで

現物をミルシートと同じ材料であると確認するのに必要なのが
ラベル(メタルタグ)とロールマークである。

 

ちなみに

メタルタグは鉄筋の材料検収に鉄筋の加工場に行ったことがあれば
当然知っているはずだけど、鉄筋の径や長さごとの束ねられた
鉄筋の束ごとに、鉄筋の材質、径、長さを記した「ラベル」のこと。

 

 

そのラベル(メタルタグ)をミルシート、若しくは納入伝票と確認することで
正しい材料であると確認できる。

 

更に

実際に現場に材料が入ってきたときに所定の品質か?

を確認するために鉄筋にはロールマークと呼ばれる
「刻印」のようなものが所々にあるのだ。

 

 

このロールマークを現場への材料納入時に確認すれば
メーカーからの正しい材料が正しく現場に納入されたことになる。

実際に1本ずつ確認するのは現実的に無理だからね。

 

そして

メタルタグとロールマークについては、個別に記事にする予定。

 

6,鉄筋の試験(試験所,回数,試験成績書)

 

鉄筋の材料の試験を確認するには、ミルシートを見ればよい。

本来ミルシートは、鋼材検査証明書なので鉄筋材料の試験結果と
材料の納入伝票を兼ね備えているから。

 

材料自体の検査においては、JISなどで定められており、
それぞれの材料によって基準が違うので、

「各種JISに定められた回数」

で検査を行えば問題ないのである。

 

だって

「実際に検査で合格したものが入ってくるし、現場で何もしないからね」

 

更に

溶接フープなど工場で加工した商品は、「納品書」と「試験成績書」が
別に分かれているものがあるけど、両方共必要なので残しておこうね。

メーカーによって、試験成績書に数量が記載されていないものがあると、
最終的に「何t」現場に納入されたか?分からない場合があるからね。

 

そして

ここまでは余談で、あなたがしっかりと管理して把握しておくべきは、
材料の検収や現場での受入確認検査などを「誰が」立ち会って、
どのように確認するか?ということ。

 

具体的には

それぞれの検査は現場担当者が確認すればよいのか?
わざわざ工事監理者さんが立ち会って確認を行なうのか?

を事前に確認しておかないと、工事監理者さんから

「連絡もよこさずに勝手にやりやがった」

と怒られるからね。

 

今回はこのあたりでおしまいね。
また次回。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

  2. 既製杭は打設順序はなぜ番号順でなく飛び飛びに打設するのか?

  3. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例とは?(2)

  4. クレーンの点検記録は確実に残しておくべき理由とは?

  5. 自立式山留め工法の変位の計測結果の最も効果的な表示方法とは?

  6. 杭のかご筋を組み立てる時に鉄筋組立ですぐに溶接したがるか?

  7. 既製コンクリート杭の溶接継手で一番大切だと教えられたこととは?

  8. 建築工事で品質計画を理解して具体的に定めている人は1割以下?

  9. 鉄筋のフック寸法と曲げ内法寸法の基本の「キ」の話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. スラブ配筋の屋上部の出隅・入隅補強で入れ忘れの多いポイントとは?

    2020.03.23

  2. スラブ段差の配筋等に関する設計者と現場と作業員の攻防とは?

    2020.03.18

  3. 鉄筋屋VS設備屋!?スラブ筋とスリーブを巡るそれぞれの言い訳とは?

    2020.03.16

  4. バルコニーの避難ハッチの開口補強で気を付けるべきポイントとは?

    2020.03.13

  5. スラブ筋の開口補強はどのサイズまで凡例が適用出来るのか?

    2020.03.11

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ