大型のトラッククレーンを使用した時に失敗した3つの事例とは?

Sponsored Links

 

大型のトラッククレーンというのは中々使用機会がない。
しかも、100トンを超えるようなクレーンは、
橋梁の工事などではよく見かけるが、建築現場においては
大型のトラッククレーンよりもクローラークレーンを
使用期間や、コスト面を考えて使用することが多い。

 

だから

大型のトラッククレーンを使用するような場面は、
何かの組立や解体の用途で私は使用してきた。

 

でも

たまにしか使用しないと、慣れていないので色々失敗をする。
今回は、私の失敗事例をお伝えしておこうね。

 

まずは

現場への進入方法だけど、大型車両なので警察への特車申請をだして
決められたルートと時間で入場するのだが、入口が狭いげんばだと
クレーンの軌跡の予想が甘く予定通りに進入できなかったことがある。

 

結局

頭からクレーンを入れたかったのに、バックでの進入に
なってしまったのだ。最終的に何とか仕事を終えることが出来たけど
大型のトラッククレーンにおいては「車両の向き」が
非常に重要であるということを思い知らされたよ。

 

次に

先程の続きだけど、トラッククレーンというは、
普通のトラックの荷台にクレーンを積んでいるという形態なので、
実は車両の向きで回転の中心位置が異なってくるのだ。

当然、作業半径が変わってくるので予定の設置位置にセットしても
あとちょっとで届かない。という何とも冗談みたいな失敗
私は経験したことがあるよ。

 

ラフタークレーンなら、きっと車両の重心位置と旋回の中心が
そこまでずれていないので起こり得なかっただろう失敗。

まあ、いろんな失敗をするもんだ。

 

最後に

隣の駐車場を借りて建物の奥の方の足場を解体していたあとに
トラッククレーンが作業を終えてアウトリガをたたむと、
アスファルトの上にしっかりとアウトリガの養生用の鉄板の跡が
くっきりとついていたことがある。

高いリース料にまして、駐車場の補修費用まで払った
苦い記憶も私は持っているよ。

 

つまり

大型のトラッククレーンを使用した時に失敗した3つの事例とは、

  1. トラッククレーンの軌跡を検討していなかったため予定していた向きから侵入できなかったこと
  2. トラッククレーンの車両の運転席と、クレーンの運転席が離れているので、車両の向きが違うと作業半径に大きくかかわること。
  3. 車両の重量が非常に大きく、アウトリガーに多大な荷重が掛かるため隣地を陥没させてしまったこと。

普段使いなれないクレーンを使うときって、ちょっと考えれば分かりそうだけど、
実際バタバタしながら計画する時には思いもよらない事態が起こるもの。

 

だから

事前の計画と失敗の経験って本当に大切。
でも、更に大切なのは失敗した時にどのように対処するかだよ。
こちらの記事も合わせて確認して備えておこうね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 自立式山留め工法において変位の管理が最重要である理由とは?

  2. 捨てコンクリートの数量が計画通りに収まらない3つの理由とは?

  3. 建設現場で水質汚濁防止法違反になるケースとは?

  4. 仕上げの墨出しで小部屋が多い時にありがちな失敗とは?

  5. 山留め工事において切梁工法を採用する場合はどんな時?

  6. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

  7. 足場計画図の作成に当たり足場と躯体の離れは300以下にすべきか?

  8. 捨てコンクリートの役目とはそもそも何なのか?5つの役目(2)

  9. 施工計画書の裏側!添付資料はあなどるな!検査であせった出来事とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー