足場の風荷重の算定方法とは?(3)壁つなぎの検討

Sponsored Links

 

[mathjax]

前回の記事から、大分時間が経ってしまいました。

足場の風荷重の算定方法とは?(1)
足場の風荷重の算定方法とは?(2)

 

こういう構造計算系の記事は資料を見ながら書かなければならないので
最近、通勤時間に記事の下書きをしたり、お問い合わせの返信をしている
私のライフスタイルからすると腰が重くなってしまうのです。

 

だから

今回はずっと喉につかえていた続きから書いていきます。

前回までで荷重を設定する部分は終わり。
今回からは、実際に耐えることが出来るかどうかの判定です。

 

壁つなぎの許容耐力\((F_{k})\)

 

まずは

風荷重の検討は最終的にどこがゴールか?

という点だけど、風荷重を負担しているのは「壁つなぎ」である。
つまり、壁つなぎが風荷重に耐えることが出来ればOKなのだ。

 

そこで

壁つなぎの耐えられる力(許容耐力)についてお伝えすると
許容引張力・許容圧縮力ともに\(4410(N)\)である。

そして、壁荷重に作業する応力は主として風荷重によるので
なんと壁つなぎの許容耐力\((F_{k})\)は30%割り増すことが出来る。

 

よって

$$ F_{k} = 4410 \times 1.3 = 5733 (N) $$

となる。

 

一般部分の壁つなぎの検討

 

前回の記事で風圧力\(P(N/mm^{2})\)を算出をして、
壁つなぎの1本当たりの許容耐力\((F_{k})\)が出た所で、
次に必要になるのは負担する面積\((A)\)である。

風圧力\(P(N/mm^{2})\)と負担する面積\((A)\)の積が
許容耐力\((F_{k})\)以下であれば、壁つなぎの検討はオシマイ。

 

そこで

負担面積の考え方だけど、一般的に風の強さにもよるが
足場に対して1スパン置き、若しくは毎スパンで壁つなぎを取る。
1スパンおきであれば\(1.8(m) \times 2 = 3.6(m)\)の幅で計算することが多い。

 

そして

高さ方向は、よほど階高が高くないかぎり「階高ピッチ」が多い。
RC造の場合は1階ごとに打設していくので階ごとに壁つなぎを
設置する必要が有るので理解はしやすいだろう。

 

イメージはこんな感じ。

 

kabetunagihutan

 

ここで

負担面積が確定したら、前回の記事の「その他の部分」の方の
風荷重を使用して

$$ p_{2} \times A < F_{k} $$

であればOKである。

 

もしも

NGとなってしまった場合は、負担面積を変化させることによって
対応するようにしようね。めちゃめちゃ風の強い地域であれば
ビックリするほど細かく壁つなぎを設置しなければイケないかも。

という所で、壁つなぎの検討は9割は完了。

 

えっ?

「上層2層分の風荷重はどこに行ったか?」

それは、残りの1割だけど、長くなるかもしれないので次回に。
そこまで待てないあなたはこちらを手に入れて確認しよう。

↓  ↓  ↓

仮設

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 場所打ちコンクリート杭で私が大変だと感じる事とは?

  2. 鉄骨工事計画図の作成時の3つのポイントとは?

  3. 地下水位の高い現場で山留めを計画する時に留意すべき事とは?

  4. 自立式山留め工法において変位の管理が最重要である理由とは?

  5. 溶接継手と機械式継ぎ手のメリットとデメリットとは?

  6. 場所打ちコンクリート杭の最大のメリットと昨今の品質問題について

  7. 揚重計画は現場を運営する上で最重要ポイントであるという理由

  8. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計かぶり)

  9. 鉄筋のスペーサーにコンクリート強度を考慮しないと断面欠損になるか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー