コンクリート打設計画で安全に施工する為に検討すべきものとは?

Sponsored Links

 

コンクリートの打設計画を考える時は

  • ポンプ車の設置位置
  • 生コン車の誘導路の確保
  • 生コン車の待機する場所
  • 縦配管をする場合は、設置位置と設置方法
  • 打設順序
  • ポンプ車のカタログ

などが記載されていれば良いので比較的
感嘆に作成することが出来る。

 

でも

私がコンクリートの打設計画時に本当に検討して
貰いたいことは、もっと他のことである。

 

それは

今回の建設工事計画届シリーズで一貫して
述べていることでも有り、現場を計画していく上で
非常に大切な考え方であると私は考えている。

 

つまり

実際の作業する時をイメージして欲しいということ。

 

具体的に言うと

  • ポンプの圧送を行う筒先の人が、圧送時のホースの揺れに対して、体制を崩しても大丈夫な足場が有るか?
  • バイブレーターを持つ人や周りの関係者は、どこに立って作業をするのか?
  • 端部や単独の梁などの墜落しそうな場所はないか?

などについて、頭のなかで打設時の状況を一度シミュレーション
を行なうことが非常に有効である。

 

しかし

なかなか、図面を見るだけで現場の実際の作業のイメージを
出来る人が少ないのも事実。

 

例えば

「この場所ってどのように打設するの?」

と質問をした時に

 

「えっ!?」

と初めて気が付きました。
みたいな顔をする人がかなり多いと感じるから。

 

だから

あなたには、ぜひ実際の作業を思い浮かべながら
計画図を書いたり、チェックして欲しい。

 

更に

気がついた場面について、あらかじめ対策を講じておくことで
実際の作業時における事故を防ぐことが出来る。

 

特に基礎・地中梁のコンクリート打設時の作業床の設置について
どのように考えているかによって、安全意識ってよく分かる。

 

だから

あなたには、実際のコンクリートの打設時の事故によって
嫌な思いをしてほしくないので、しっかりと「作業床」については
検討して欲しいと感じるよ。

実際に、地中梁からのコンクリート打設時の墜落事故って
しばしば起こっているから十分に気をつけてね。

 

つまり

コンクリート打設計画で安全に施工する為に検討すべきものとは、
「作業床の計画」である。安全に品質よく作業を行なうためには、
作業しやすい環境を作成することが最も効果的。

作業しやすい環境を作っておくだけで、
「この現場は段取りが良い」と感じてもらえて
しっかりした仕事をしてもらえるよ。

 

更に

こちらでも解説をしているので、
ぜひ合わせて読むことをオススメするよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

  2. 建築現場で基礎工事時の雨上がりに確認すべき3つのこと

  3. 埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは?

  4. 鉄筋のスペーサーは縦向きか?横向きか?充填性と強度の矛盾について

  5. 掘削工事における釜場排水工法は水中ポンプの故障が命取り

  6. 場所打ちコンクリート杭の施工計画書の作成について(1)

  7. 杭のかご筋を組み立てる時に鉄筋組立ですぐに溶接したがるか?

  8. 建設工事計画届(88条)は工事着手の最初の難関

  9. 建築現場で水替えの労力を劇的に減らすための考え方とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 会社からの壮絶なパワハラで退社したいという悩みと対処法とは?

    2018.06.01

  2. 結束線、段取り筋の品質管理とかぶり厚さの問題

    2018.05.30

  3. 鉄筋のかぶり厚さが確保できていれば極端に大きくても良いのか?

    2018.05.28

  4. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計…

    2018.05.25

  5. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

    2018.05.23

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (42)
  • 工種別の管理ポイント (266)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (8)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー